CURRENT_DATEまたはCURRENT_TIMESTAMPを指定したCASE_NをPPIで使用する方法 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL関数、演算子、式および述部

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/xzf1512079057909.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/xzf1512079057909.ditaval
dita:id
B035-1145
Product Category
Software
Teradata Vantage

ビルトイン関数のCURRENT_DATEまたはCURRENT_TIMESTAMPを指定したCASE_Nを使用して、パーティション式を定義できます。これを定義した後で、ALTER TABLE TO CURRENT文を使用すると、改めて解決された現在の日付またはタイムスタンプを使用して、テーブル データを再パーティション化できます。

詳細は、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 構文規則および例、B035-1144>の「更新可能日付および更新可能タイムスタンプに基づくCASE_Nパーティション式の最適化を調整するルール」を参照してください。