例: INDEXとKANJI1およびKanjiEBCDICの併用 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine - 文字列演算子、INDEX関数、例。

Teradata Vantage™ SQL関数、演算子、式および述部

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/xzf1512079057909.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/xzf1512079057909.ditaval
dita:id
B035-1145
Product Category
Software
Teradata Vantage

次の例は、両方の引数のサーバー文字セットがKANJI1でクライアント文字セットがKanjiEBCDICの場合の、INDEX(string_1, string_2)の動作を示したものです。

KanjiEBCDICの場合、結果は物理単位として戻されるので、その環境のINDEX DB2に準拠するようになります。

string_1の内容 string_2の内容 結果
MN<AB> <B> 6
MN<AB> <A> 4
MN<AB>P P 9
MX N<AB>P <B> 7