構文 - FastLoad

Teradata® FastLoad リファレンス

Product
FastLoad
Release Number
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-01-07
dita:mapPath
ja-JP/ije1544831946874.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ije1544831946874.ditaval
dita:id
B035-2411
Product Category
Teradata Tools and Utilities


次のような場合に当てはまります。

max
ログオンするセッションの最大数。
max指定は0より大きくなければなりません。
SESSIONSコマンドを使用しなかった場合、デフォルトは、各AMPに1つのセッションです。
min
ジョブの継続に最低限必要なセッションの最小数。
min指定は0より大きくなければなりません。
SESSIONSコマンドを使用しなかった場合、デフォルトは1です。
*
セッションの最小数と最大数
maxの指定にアスタリスク文字を使用すると、AMPごとに1つずつ、最大セッション数までログオンされます。
minの指定にアスタリスクを使用すると、少なくとも1つのセッション、かつmaxの指定以下のセッションがログオンされます。
  • SESSIONS * *という指定は、SESSIONSコマンドを使用しないことと同じです。
  • 大規模なデータベース システム構成では、各AMPにつき1セッションというデフォルトは必ずしも適切ではありません。
セッションの最適数については、下記をはじめ様々な要因によって異なるため、これを決定する標準的な方法はありません。
  • データベースのパフォーマンスと作業負荷
  • クライアント プラットフォームの種類、パフォーマンス、作業負荷
  • チャネルのパフォーマンス(メインフレーム接続システムの場合)
  • ワークステーション接続システムにおけるネットワークの接続形態とパフォーマンス
  • アプリケーションが処理するデータ量
使用するセッション数が少なすぎると、不必要にスループットを制限することがあります。これに反して、使用するセッション数が多すぎると、セッション管理のオーバーヘッドが増加し(他のアプリケーションで使用可能なセッション数を減少させることもある)、環境によってはスループットを低下させることがあります。
データベース システム構成のサイズに関係なく、繰り返し使用される大規模な実働アプリケーションでは、資源使用率とスループット パフォーマンスがバランスよく維持されるよう、いくつかの異なるセッション構成で実験してみることが適切です。
大規模なデータベース システム構成では、最大セッション数がAMPあたり1セッションを超えないインストール デフォルトの設定が適切です。これは、インストール構成ファイル(Teradata FastLoadの構成ファイルを参照)、または標準の実行時パラメータ(メインフレーム接続実行時パラメータを参照)で設定できます。構成ファイルに指定したセッション数のインストール デフォルトは、必要に応じて、各Teradata FastLoadジョブ スクリプトでオーバーライドすることができます。