入力データの形式 - FastLoad

Teradata® FastLoad リファレンス

Product
FastLoad
Release Number
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-01-07
dita:mapPath
ja-JP/ije1544831946874.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ije1544831946874.ditaval
dita:id
wzs1478610185776
Product Category
Teradata Tools and Utilities

このセクションでは、Teradata FastLoadでサポートされているデータ形式とサポートされていないデータ セットとテープを説明します。

入力データとは、Teradata FastLoadがクライアント システムまたはワークステーションからデータベースにロードする生データのことです。入力データとしては、クライアント システムの構成に応じて書式化、非書式化、可変長テキスト、または特定のファイル型の場合があります。

ワークステーション接続構成の場合、Teradata FastLoadでは、以下のデータ形式がサポートされています。
  • 書式化
  • 非書式化
  • BINARY
  • テキスト
  • 可変長テキスト
メインフレーム接続構成では、Teradata FastLoadは以下のようなレコード形式(RECFM)属性のデータ セットやテープ ファイルをサポートします。
  • 以下のようなレコード形式(RECFM)属性のデータ セットまたはテープ ファイル:
    • F(固定長)
    • FB(固定長ブロック)
    • V(可変長)
    • VB(可変長ブロック)
    • VBS(可変長ブロック、スパン)