17.00 - 17.05 - AnalysisLog - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1142-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

AnalysisLogの機能

Teradata Index Wizardユーティリティによるインデックス分析のログ情報を記録します。

AnalysisLogは、INITIATE INDEX ANALYSISリクエストのCHECKPOINTオプションを有効にすると記録されるチェックポイント情報を保守します。

AnalysisLogテーブルの定義

次のCREATE TABLEリクエストは、AnalysisLogテーブルを定義しています。

   CREATE TABLE AnalysisLog (
     WorkLoadID		        INTEGER NOT NULL,
     RecommendationID  INTEGER NOT NULL,
     IndexNameTag      VARCHAR(128) CHARACTER SET UNICODE
                       NOT CASESPECIFIC NOT NULL,
     SeqNumber         SMALLINT NOT NULL,
     Cflag             CHARACTER(1) CHARACTER SET LATIN
                       NOT CASESPECIFIC NOT NULL,
     UserName          VARCHAR(128) CHARACTER SET UNICODE
                       NOT CASESPECIFIC NOT NULL,
     AnalysisStatus    VARBYTE(32000) NOT NULL,
     StartTime         TIMESTAMP(6) NOT NULL,
     UpdateTime        TIMESTAMP(6) NOT NULL)
   PRIMARY INDEX (WorkloadID, IndexNameTag);

AnalysisLogの属性の定義

次のテーブルは、AnalysisLogテーブル属性を定義しています。

属性 定義
WorkloadID
  • ワークロードを固有に識別する。
  • このテーブルの部分的なNUPI。
RecommendationID 特定のインデックス分析用に生成されたインデックスの推奨事項を固有に識別する。
IndexNameTag
  • インデックス分析のユーザー指定の名前。
  • このテーブルの部分的なNUPI。
SeqNumber 複数行のAnalysisStatusに属する個々の行を識別する連番。

この連番は1から始まる。

Cflag 複数行のAnalysisStatusで使用される。
  • 行が連番の最後の行の場合、CflagはFに設定される。
  • 行が連番の最後の行でない場合、CflagはTに設定される。
UserName インデックス分析を実行するユーザーの名前。
AnalysisStatus インデックス分析の状況を識別する。

この列の内容は、Index Wizardのインフラストラクチャで使用されるエンコードされた情報です。この情報は、チェックポイント操作の際に更新されます。

StartTime インデックス分析の開始時のタイムスタンプ。
UpdateTime AnalysisStatus列が最後に更新された時点のタイムスタンプ。