17.00 - 17.05 - XMLQCD - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1142-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

XMLQCDの機能

IN XMLオプションを指定して、実行を依頼されたINSERT EXPLAINリクエストまたはBEGIN QUERY CAPTUREリクエストからのXML QCD出力を獲得します。

XMLQCDテーブルの定義

次のCREATE TABLEリクエストは、XMLQCDテーブルを定義しています。

     CREATE MULTISET TABLE qcd.XMLQCD, NO FALLBACK, NO BEFORE JOURNAL,
      NO AFTER JOURNAL, CHECKSUM = DEFAULT (
       ID               INTEGER NOT NULL,
       Kind             CHARACTER(1) NOT NULL CHARACTER SET LATIN
                        NOT CASESPECIFIC,
       Seq              INTEGER NOT NULL,
       Length           INTEGER NOT NULL,
       Text             VARCHAR(31000) NOT NULL CHARACTER SET UNICODE
                        NOT CASESPECIFIC,
       UDB_Name         VARCHAR(128) CHARACTER SET UNICODE
                        NOT CASESPECIFIC NOT NULL,
       CaptureTimeStamp TIMESTAMP(0) NOT NULL,
       SessionID        INTEGER FORMAT ‘--,---,---,--9’ NOT NULL,
       WorkloadName     VARCHAR(128) CHARACTER SET UNICODE UPPERCASE
                        NOT CASESPECIFIC NOT NULL,
       XMLDocType       INTEGER FORMAT ‘--,---,---,--9’)
     UNIQUE PRIMARY INDEX (ID, Kind, Seq);

XMLQCDの属性の定義

次のテーブルは、XMLQCDテーブル属性を定義しています。

属性 定義
ID
  • このXML文書に関連付けられた、行のセットの固有識別子。
  • このテーブルの部分的なUPI。
Kind
  • この行によって示される操作の種類を記述するフラグ。
  • このテーブルの部分的なUPI。

    Qの場合、Teradata Databaseではこのクエリー キャプチャ操作が行なわれる際に、qcd.SeqNumber.QueryIDから(SeqNumberを参照) IDの値を取得します。

Seq
  • 生成された行の順序を指定する、問合わせの固有識別子。

    指定されたXML文書の最初の行には連番1が割当てられ、2番目の行には連番2というように割当てられます。

  • このテーブルの部分的なUPI。
Length この行で開始するXML文書に残る文字数。

Lengthの適切な値を確認する計算式は、以下のとおりです。

以下に例を示します。

  • Seqが1の場合、長さは合計文字数。
  • Seqが2の場合、長さは合計文字数から31,000を引いた数。
  • Seqが3の場合、長さは合計文字数から62,000を引いた数。

など。

text XML文書のSeq番目の部分。
UDB_Name 獲得された問合わせを実行依頼したユーザーの名前。
CaptureTimeStamp 問合わせが獲得された時のタイムスタンプ。
SessionID 問合わせが獲得されたセッションのID。
WorkloadName 問合わせを獲得するために使用したBEGIN QUERY CAPTUREリクエストで指定されたワークロードの名前。
XMLDocType Text列に格納されているXMLコンテンツのタイプ。