17.00 - 17.05 - DDL文とDCLリクエスト、ディクショナリのアクセス、ロック - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1142-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

DDLまたはDCLリクエストの実行によって、データ ディクショナリが更新され、そのリクエストの処理中にシステム テーブルに適切なロックが設定されます。

ディクショナリのアクセスのロック粒度の最適化

並行処理を改善するために、DDLおよびDCL処理は、実用的なロックの最高の細分度を採用し、ロックの設定をできるだけ長く遅延させます。進行中のDDL操作で、それらのテーブルに掛けられたWRITEロックによって問合わせがブロックされる場合、システムは、ディクショナリ テーブルに応じて、ディクショナリで実行される行ハッシュREADロック リクエストをACCESSロックに格下げすることがあります。

これらの行ハッシュREADがブロックされていない場合、標準のREADロックが使用されます。

以下のディクショナリ ビューとテーブルは、ブロックされたREADロック リクエストでのロックの格下げにより影響を受けます。
  • DBC.AccLogRuleTbl
  • DBC.ConstraintNames
  • DBC.Indexes
  • DBC.TableConstraints
  • DBC.TextTbl
  • DBC.TriggersV
  • DBC.TVFields
  • DBC.TVM
  • DBC.UDFInfo
ブロックされ、他に方法がないときに、ディクショナリ アクセスをREADロックからACCESSロックに格下げできるSQL文は、以下に示すものだけです。
  • SELECT
  • HELP COLUMN
  • HELP CONSTRAINT
  • HELP INDEX
  • HELP STATISTICS
  • SHOW FUNCTION/HASH INDEX/JOIN INDEX/MACRO/METHOD/PROCEDURE/TABLE/TRIGGER/TYPE/VIEW

これらは、システムによるロックの格下げです。LOCKINGリクエスト修飾子を使用してそれらを指定することはできません。詳細については、<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>のLOCKING Request Modifierを参照してください。