17.00 - 17.05 - 最適化適用ルーチン - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1142-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

OptApplyは、プラスチック ステップをコンクリート ステップに再フォーマットします。 これらのタイプのステップの定義については、生成ルーチンを参照してください。

パラメータ化されたPKリクエスト内のUSINGデータ パーセル セット内にデータがある場合は、それをコンクリート ステップの中に入れます。その他のパラメータ化されたリクエストでは、リクエスト処理のクエリー リライト/最適化ルーチン フェーズの前に、パラメータ化された値ピーク処理サブシステムによって、USINGデータが構文解析ツリー内に配置される場合があります。ピーク処理されない場合、または動的にパラメータ化されたリテラルがある場合は、パラメータ化されたデータはコンクリート ステップの一部として添付されます。

コンクリート ステップは、ディスパッチャに転送され、そこからBYNETを介してAMPに分散されます。

パラメータ化された値ピーク処理サブシステムの詳細については、パラメータ化されたリクエストを参照してください。 リテラルの動的パラメータ化の詳細については、動的にパラメータ化されたリクエストを参照してください。

構文解析プログラムの最適化適用ルーチン構成要素は、以下の処理ステップを実行します。

  1. 最適化適用ルーチンは、リクエスト キャッシュまたは生成ルーチンから、リクエストについてのプラスチック ステップを受け取ります。
  2. プラスチック ステップは、実行マシン コードにコンパイルされます。
  3. OptApplyは、リクエスト パーセルに関連付けられたデータ パーセルをすべて受け取り、それらをプラスチック ステップに適用して、コンクリート ステップを作成します。

    コンクリート ステップは、AMPステップとも呼ばれます。

    単純なデータ駆動型繰返し挿入リクエストの場合、システムは複数の挿入操作を単一のAMPステップで処理することで、操作を最適化します。

    なお、システムがこのような最適化を実行するのは、単純な繰り返し挿入リクエストの場合だけです。

  4. コンクリート ステップはディスパッチャに送られ、ディスパッチャはそれらをBYNETを介してAMPに送ります。