17.00 - 17.05 - ディクショナリ キャッシュ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1142-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

ディクショナリ キャッシュ

ディクショナリ キャッシュは、SQL問合わせを処理するために最後に使用された非デモグラフィック データ ディクショナリ情報を格納するバッファです。データベースは、最後に使用した統計およびデモグラフィック データを統計キャッシュに入れます(統計キャッシュを参照してください)。

Teradata Databaseは、権限、テーブル、列、ビュー、マクロ、トリガー、ストアド プロシージャ、および他のオブジェクトについてのデータ ディクショナリに基づく情報を使用して、SQLリクエストを、リクエストを処理するために必要なAMPステップに変換します。AMPステップについては、最適化適用ルーチンを参照してください。

キャッシュにデータ ディクショナリ情報を保持することで、次の処理をが実行するために必要なI/O操作を減らすことができます。
  • データベース オブジェクト名の解釈
  • オブジェクト レベルおよび行レベルのセキュリティ権限の検証

SQLリクエストによって、データ ディクショナリの内容が変更された場合には、データベースはシステム上のすべてのPEに廃棄通知メッセージを送信し、変更された定義をそれぞれのディクショナリ キャッシュから除去するように指示します。

データベースは、一度に1つのPEに関して、ディクショナリ キャッシュを定期的に除去します。

ディクショナリ キャッシュの現在のデフォルト サイズと最大サイズについては、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>でDBS制御フィールドDictionaryCacheSizeについての資料を参照してください。