17.00 - 17.05 - ViewTable - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1142-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

ViewTableの機能

問合わせで使用されたすべてのビューのDDLを獲得します。

ViewTableテーブルの定義

次のCREATE TABLEリクエストは、ViewTableを定義しています。

   CREATE SET TABLE ViewTable(
     QueryID   INTEGER NOT NULL,
     ViewName  VARCHAR128 CHARACTER SET UNICODE
               UPPERCASE NOT CASESPECIFIC NOT NULL,
     DBName    VARCHAR128 CHARACTER SET UNICODE
               UPPERCASE NOT CASESPECIFIC NOT NULL,
     ViewText  VARCHAR(30000) CHARACTER SET UNICODE
               NOT CASESPECIFIC,
     SeqNumber BYTEINT NOT NULL,
     Complete  CHAR(1)CHARACTER SET LATIN NOT CASESPECIFIC)
   PRIMARY INDEX QueryID_ViewName_DBName (QueryID,ViewName,DBName);

ViewTableの属性の定義

次のテーブルは、ViewTable属性を定義しています。

属性 定義
QueryID
  • 問合わせの固有識別子。
  • このテーブルの部分的なNUPI。
ViewName
  • ビューの名前。
  • このテーブルの部分的なNUPI。
DBName
  • データベースの名前。
  • このテーブルの部分的なNUPI。
ViewText DDLビュー テキストを格納する。
  • ViewText <= 30,000文字の場合、SeqNumberは1に設定される。
  • ViewTextが30,000文字の場合、SeqNumberは1 +(1-n)に設定される。nは最初のフラグメントに続く行に格納されるViewTextのフラグメントの識別子。

ViewTextが30,000文字の場合、最初の30,000文字のみが格納され、残りのテキストはViewTable内のオーバーフロー行に格納される。オーバーフロー行は、SeqNumber値によって識別されます。

SeqNumber この行に格納されるViewTextのシーケンス。
Complete ViewTableが完全なビューDDLを格納しているのか、切り捨てられたビューDDLを格納しているのかを識別する。
  • Fの場合、ViewText DDLは切り捨てられている。

    ビューを獲得したDUMP EXPLAINまたはINSERT EXPLAIN文のLIMIT SQL句で指定されたサイズが、ViewTextの実際の長さよりも小さい場合に生じます。

    <Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照してください。

  • Tの場合、ViewText DDLすべてが格納されている。

    ViewText DDLのオーバーフローは、ViewTableの追加行に格納されます。個々のオーバーフロー行は、それぞれのSeqNumberによって識別されます。