17.00 - 17.05 - WorkloadStatus - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1142-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

WorkloadStatusの機能

ワークロードの状況をこのQCDに保守します。

このテーブルは、Teradata Index Wizardによって保守されます。

WorkloadStatusテーブルの定義

次のCREATE TABLEリクエストは、WorkloadStatusテーブルを定義しています。

   CREATE TABLE WorkloadStatus (
     WorkloadID         INTEGER NOT NULL,
     RecommendationID   INTEGER,
     IndexNameTag       VARCHAR128 CHARACTER SET UNICODE
                        NOT CASESPECIFIC,
     ValidatedSystem    VARCHAR(30) CHARACTER SET UNICODE
                        NOT CASESPECIFIC,
     ValidatedTimeStamp TIMESTAMP(6),
     ValidatedQCD       VARCHAR128 CHARACTER SET UNICODE
                        NOT CASESPECIFIC,
     RecosAppliedSystem VARCHAR(30) CHARACTER SET UNICODE
                        NOT CASESPECIFIC,
     Remarks            VARCHAR(20000) CHARACTER SET UNICODE
                        NOT CASESPECIFIC)
   UNIQUE PRIMARY INDEX (WorkloadID ,IndexNameTag);

WorkloadStatusの属性の定義

次のテーブルは、WorkloadStatusテーブルの属性を定義しています。

属性 定義
WorkloadID
  • ワークロードの固有識別子。
  • このテーブルの部分的なUPI。
RecommendationID インデックス分析を行なった後でこのワークロードに推奨されるインデックスのセットの固有識別子。
IndexNameTag
  • INITIATE INDEX ANALYSIS文で指定したインデックスの推奨事項の名前(<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照)。
  • このテーブルの部分的なUPI。
ValidatedSystem Teradata Index Wizardでインデックスの推奨事項を最後に検査したシステムの名前。
ValidatedTimeStamp インデックス検証のタイムスタンプ。
ValidatedQCD Teradata Index Wizardで検証を実行したQCDの名前。
RecosAppliedSystem Teradata Index Wizardでインデックスの推奨事項を最後に作成したシステムの名前。
Remarks ワークロードに関する自由なテキスト形式の注釈。