17.00 - 17.05 - ハッシュ インデックスと結合インデックスによる統計継承 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1142-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

単一テーブル非スパース結合インデックスとハッシュ インデックスは、統計がインデックス自体で収集されていない場合、基礎となる基本テーブルから統計を継承します。これは、単一列統計、単一列インデックス統計、複数列統計、および複数列インデックス統計でも同様です。

統計継承の利用可能な形式

次の一覧は、統計継承の利用可能な形式をまとめたものです。
  • 基礎となる基本テーブルは、基本テーブルを参照する任意の単一テーブル非スパース結合インデックスまたはハッシュ インデックスから統計を継承できます。この場合、複数の限定された結合インデックスまたはハッシュ インデックスから統計を継承できるようになります。
  • 複数列統計は、基礎となる基本テーブルで定義されている単一テーブル非スパース結合インデックスまたはハッシュ インデックスにより、その基本テーブルから継承されます。
  • パーティション列はシステム派生のPARTITION列から統計を継承できます。ただし、そのテーブルが単一列のパーティション式で定義されている場合に限ります。
  • 統計の双方向継承は、単一テーブル非スパース結合インデックスおよびハッシュ結合インデックスについて実施されるため、単一テーブル非スパース結合インデックスまたはハッシュ インデックスで収集された統計は、基礎となる基本テーブルによって継承されます。

    この場合、複数の限定された単一テーブル非スパース結合インデックスまたはハッシュ インデックスから、基本テーブルが統計を継承できるようにすることも可能です。

  • 統計の双方向継承は、PARTITION統計について実施されます。この統計は、単一列のパーティション式でテーブルがパーティション化されている場合は、行パーティション化されたテーブルのパーティション列によって継承されます。

    統計の双方向継承はPARTITION#L n統計ではサポートされません。

派生統計が、基礎となるリレーションについて構築される際には、統計の継承が発生します。統計の継承は、すべて双方向に行なわれます。