17.00 - 17.05 - ローカル入れ子結合 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1142-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

ローカル入れ子結合の定義

ローカル入れ子結合には、いくつかの事柄が関係しています。
  • 必要に応じて、入れ子結合の結果の行が右のテーブルの行の行IDのハッシュ行によって再分散される。
  • 右のテーブルからデータ行を検索するために行IDが使用される。
次のローカル入れ子結合アルゴリズムを利用できます。

等式条件でのセカンダリ インデックス タイプの機能としての結合プロセス

ローカル入れ子結合は、結合テーブルのうちの1つのNUSIまたはUSIに等式条件がある場合に最適化ルーチンが適用できるようになります。

等式条件がNUSIまたはUSIにある場合は、状況にもよりますが、次のプロセス テーブル(行ID結合)の手順3および4が常に要求されるとは限りません。rowID結合の詳細については、行ID結合を参照してください。

等式条件のインデックス タイプ 左のテーブル
USI
  1. 結合列に基づく再分散ハッシュ
  2. 右のテーブルと結合して入れ子となる。
  3. 結果の行が右のテーブルの行の行IDのハッシュによって再分散される。
  4. 行IDが使用されて右のテーブルからデータ行を検索し、結合を完成させる。
NUSI
  1. すべてのAMP上でコピーする。
  2. 右のテーブルと結合して入れ子となる。
  3. 結果の行が右のテーブルの行の行IDのハッシュによって再分散される。
  4. 行IDが使用されて右のテーブルからデータ行を検索し、結合を完成させる。