17.00 - 17.05 - フィールド - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1142-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

Fieldの機能

獲得済みの問合わせ計画内で使用または参照される、すべての列を獲得します。

Fieldテーブルの定義

次のCREATE TABLEリクエストは、Fieldテーブルを定義しています。

   CREATE TABLE Field (
     FieldID              INTEGER NOT NULL,
     RelationKey          INTEGER NOT NULL,
     Name                 VARCHAR(128) CHARACTER SET UNICODE
                          NOT CASESPECIFIC,
     FldAlias             VARCHAR(128) CHARACTER SET UNICODE
                          NOT CASESPECIFIC,
     QueryID              INTEGER NOT NULL,
     ValueAccessFrequency INTEGER,
     JoinAccessFrequency  INTEGER,
     RangeAccessFrequency INTEGER,
     ChangeRate           INTEGER,
     DataLength           INTEGER,
     StatsKind            CHARACTER(1) CHARACTER SET LATIN
                          NOT CASESPECIFIC,
     NumNulls             FLOAT,
     NumIntervals         INTEGER,
     MinValue             VARCHAR(512) CHARACTER SET UNICODE
                          NOT CASESPECIFIC,
     ModeValue            VARCHAR(512) CHARACTER SET UNICODE
                          NOT CASESPECIFIC,
     ModeFreq             FLOAT,
     TotalValues          FLOAT,
     TotalRows            FLOAT)
   PRIMARY INDEX(RelationKey)
   UNIQUE INDEX USK_FieldID_RelationKey (FieldID, RelationKey);

Fieldの属性の定義

次のテーブルは、Fieldテーブル属性を定義しています。

属性 定義
FieldID
  • 特定のテーブルの中の固有列識別子。
  • このテーブルの部分的なUSI。
RelationKey
  • 特定のデータベース内で列が定義されているリレーションの固有識別子。
  • このテーブルのNUPI。
  • このテーブルの部分的なUSI。
Name 取り込まれた列の名前。
FldAlias
  • 列の別名。
  • 存在しない場合はnull。
QueryID 問合わせの固有ID。
ValueAccessFrequency 等価条件で列が使用される回数。
JoinAccessFrequency 結合条件で列が使用される回数。
RangeAccessFrequency 範囲条件で列が使用される回数。
ChangeRate 列の変更評価値。
  • 列が変更された場合、ChangeRateは1に設定されます。
  • 列を変更していない場合、ChangeRateは0に設定されます。
DataLength 列の最大長。
StatsKind 統計がディクショナリから収集されたか、QCDから収集されたかを定義する。

この列のデータは、使用可能な統計の間隔0から検索されます。

列またはインデックスに使用できる統計が存在しない場合、列はnullに設定されます。

Teradata Index Wizardでインデックス検証を行なう際に、値がSに設定されます。分析される列の統計は、QCDから検索されます。
  • Pはディクショナリ統計です。
  • SはQCD統計です。
  • nullは統計ではありません。
NumNulls 列またはインデックスのnullの数。

この列のデータは、使用可能な統計の間隔0から検索されます。使用可能な統計が存在しない場合には、列はnullに設定されます。

NumIntervals 列またはインデックスの間隔の数。

この列のデータは、使用可能な統計の間隔0から検索されます。使用可能な統計が存在しない場合には、列はnullに設定されます。

MinValue 間隔の最小値。

この列のデータは、使用可能な統計の間隔0から検索されます。使用可能な統計が存在しない場合には、列はnullに設定されます。

ModeValue 間隔の最頻数値。

この列のデータは、使用可能な統計の間隔0から検索されます。使用可能な統計が存在しない場合には、列はnullに設定されます。

ModeFreq 間隔の最頻数値の出現数。

この列のデータは、使用可能な統計の間隔0から検索されます。使用可能な統計が存在しない場合には、列はnullに設定されます。

TotalValues テーブル内の列またはインデックスの固有値の数。

この列のデータは、使用可能な統計の間隔0から検索されます。使用可能な統計が存在しない場合には、列はnullに設定されます。

TotalRows テーブルのカーディナリティ。

この列のデータは、使用可能な統計の間隔0から検索されます。使用可能な統計が存在しない場合には、列はnullに設定されます。

フィールドの関連トピック

Teradata Index Wizardユーティリティの詳細については、<Teradata® Index Wizardユーザー ガイド、B035-2506>を参照してください。