17.00 - 17.05 - 列パーティション化されたオブジェクトのアクセス計画 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1142-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

列パーティションのアクセス計画は、単一テーブルの述部と列パーティション化されたデータベース オブジェクトに対する射影リストによって進められます。最適化ルーチンは、単一テーブルの述部とテーブルまたは結合インデックスの射影リストを、参照列を含む列パーティションごとにグループ化します。

このプロセスには、同じ列パーティションまたは列パーティションのセットに対して評価される条件リストの作成も含まれます。

単一テーブルの述部と射影列の両方がある場合、述部評価は必要な列を射影する行を排除するので、述部の順序付けが射影分析より優先されます。両方の処理に対して使用可能な列パーティション文脈が不十分な場合は、最適化ルーチンは様々な試行錯誤を行って、述部を適用してさらに射影列を列パーティション マージ スプールにマージするか、述部を適用するだけにして限定した行の行IDを列パーティション マージ スプールに出力するかを判断します。