17.00 - 17.05 - IndexColumns - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1142-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

IndexColumnsの機能

Teradata Index Wizardによるインデックス分析の際に、IndexIDによって識別される、インデックスを生成する列を獲得します。

IndexColumnsテーブルの定義

次のCREATE TABLEリクエストは、IndexColumnsテーブルを定義しています。

   CREATE TABLE IndexColumns(
     WorkLoadID       INTEGER NOT NULL,
     RecommendationID INTEGER NOT NULL,
     TableID          BYTE(6) NOT NULL,
     IndexID          INTEGER NOT NULL,
     ColumnName       VARCHAR128 CHARACTER SET UNICODE
                      NOT CASESPECIFIC NOT NULL)
   PRIMARY INDEX ( RecommendationID, TableID, IndexID );

IndexColumnsの属性の定義

次のテーブルは、IndexColumnsテーブル属性を定義しています。

属性 定義
WorkloadID このセカンダリ インデックスの推奨事項を作成するために分析されたワークロードを固有に識別する。
RecommendationID
  • IndexRecommendationsテーブルでrecommendation IDを固有に識別する。
  • このテーブルの部分的なNUPI。
TableID
  • IndexRecommendationsテーブルでtable IDを固有に識別する。
  • このテーブルの部分的なNUPI。
IndexID
  • IndexRecommendationsテーブルでインデックスを固有に識別する。
  • このテーブルの部分的なNUPI。
ColumnName インデックスの列の名前。

指定されたインデックスのIndexColumns内の行数はインデックスの列数と同じですので、複合インデックスには関連した複数の行が存在します。