17.00 - 17.05 - Resolver - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1142-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

意味解釈ルーチンは、データ変換、列名、任意のアクセス制御セキュリティ チェック、基本の関係などについての情報でSynTreeに注釈を付けて、ResTreeまたはRed Treeという、さらに肉付けされた構文解析ツリーを作成します。

次に、意味解釈ルーチンによって実行されるアクティビティの概要を示します。
  1. 意味解釈ルーチンはSynTreeを構文解析ルーチンからの入力とみなします。
  2. それぞれのデータベースまたはユーザー、テーブル、ビュー、トリガー、ストアド プロシージャ、およびマクロには、システムの中で固有な数値のIDが割り当てられています。

    それぞれの列とインデックスには、テーブルの中で固有な数値のIDが割り当てられています。

    これらのIDは、データ ディクショナリの中に保持されています。

  3. 意味解釈ルーチンは、データ ディクショナリを参照して、すべての名前と権限を検証し、それらの名前を該当する数値IDに変換します。
  4. 意味解釈ルーチンは、データ ディクショナリ キャッシュから利用可能な情報を受け取ります。このキャッシュは、最長時間未使用または最多使用を基準にして使用されます。

    必要な情報がキャッシュにない場合は、該当するシステム テーブルから検索されます。

  5. リクエスト パーセルの中にビューかマクロが含まれている場合には、意味解釈ルーチンは、データ ディクショナリからビューのテキストまたはマクロのテキストを得て、それを解釈し、その結果得られるツリーの構成要素をマージして、1つのリクエスト ツリーを作成します。
  6. 意味解釈ルーチンは、ResTreeを出力として生成し、セキュリティに渡します。