17.00 - 17.05 - パーティションの推奨事項 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1142-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

PartitionRecommendationsの機能

INITIATE PARTITION ANALYSIS文によって生成され、WorkLoadID値によって識別される、推奨パーティション式を獲得します。

PartitionRecommendationsには、クエリーとテーブル行パーティション化の各組み合わせにつき1つの行が含まれています。推奨されている行パーティション化による新しい最適化ルーチン計画は、新しい行パーティション化の結果として、ワークロードのパフォーマンスにプラスまたはマイナスの影響を及ぼします。

特定の行のパーティション化が、複数の問合わせに影響を及ぼす場合、INITIATE PARTITION ANALYSISによってテーブルに複数の行が書き込まれ、影響を受ける問合わせが識別されます。推奨されているPARTITION BY式は、ExpressionText列にSQLテキストとして格納されます。

PartitionRecommendationsテーブルの定義

次のCREATE TABLEリクエストは、PartitionRecommendationsを定義しています。

   CREATE SET TABLE qcd.partitionrecommendations (
     WorkLoadID        INTEGER NOT NULL,
     UserName          VARCHAR128 CHARACTER SET UNICODE
                       NOT CASESPECIFIC NOT NULL,
     TimeOfAnalysis    TIMESTAMP(6) NOT NULL,
     RecommendationID  INTEGER NOT NULL,
     QueryID           INTEGER NOT NULL,
     ResultNameTag     VARCHAR128 CHARACTER SET UNICODE
                       NOT CASESPECIFIC NOT NULL,
     TableName         VARCHAR128 CHARACTER SET UNICODE
                       NOT CASESPECIFIC NOT NULL,
     DatabaseName      VARCHAR128 CHARACTER SET UNICODE
                       NOT CASESPECIFIC NOT NULL,
     TableID           BYTE(6) NOT NULL,
     ExpressionText    VARCHAR(10000) CHARACTER SET UNICODE
                       NOT CASESPECIFIC,
     ExpressionType    CHARACTER(1) CHARACTER SET LATIN
                       NOT CASESPECIFIC,
     RecreateText      VARCHAR(15000) CHARACTER SET UNICODE
                       NOT CASESPECIFIC,
     OriginalCost      FLOAT,
     NewCost           FLOAT,
     SpaceEstimate     FLOAT,
     TimeEstimate      FLOAT,
     StatsDDL          VARCHAR(10000) CHARACTER SET UNICODE
                       NOT CASESPECIFIC,
     Remarks           VARCHAR(1024) CHARACTER SET UNICODE
                       NOT CASESPECIFIC,
     TimeLimitExceeded CHARACTER(1) CHARACTER SET LATIN NOT 
                       CASESPECIFIC
     AnalysisTimeLimit INTEGER,
     AnalysisData      VARCHAR(2048) CHARACTER SET LATIN
                       NOT CASESPECIFIC )
   PRIMARY INDEX (WorkloadID);

PartitionRecommendationsの属性の定義

次のテーブルは、PartitionRecommendationsテーブル属性を定義しています。

属性 定義
WorkLoadID 分析されたワークロードの識別子。
UserName パーティション分析を実行するユーザーの名前。
TimeOfAnalysis この分析が完了した時刻を記録するタイムスタンプ。
RecommendationID この推奨事項が属する行パーティション化推奨事項セットの識別子。
QueryID この推奨事項によりプラスの影響を受ける問合わせの固有識別子。
ResultNameTag RecommendationIDにより識別される推奨のセットにユーザーが割り当てた名前。
TableName 行パーティション化の推奨が行なわれているテーブルの名前。
DatabaseName TableNameを含むデータベースの名前。
TableID TableNameの固有の内部識別子。
ExpressionText 推奨されたPARTITION BY式のSQLテキスト。
ExpressionType ExpressionTextによって使用されるパーティション化の形式。

Rの場合、パーティション式はRANGE_N関数から構築されます。

RecreateText 推奨されているパーティション式でテーブルを再作成する文のSQLテキスト。

この文では、テーブルにデータが埋め込まれているため、現在の行を別のテーブルに一時的に格納する必要があることを前提としています。

SQLリクエストがシステム要件を満たしていることを最初に検証してから、そのリクエストを実行してください。詳細は、<Teradata® Index Wizardユーザー ガイド、B035-2506>を参照してください。
OriginalCost 推奨事項がない場合の、問合わせを実行するためのミリ秒単位の見積もりコスト。
NewCost 推奨事項がある場合の、問合わせを実行するためのミリ秒単位の見積もりコスト。

この値がOriginalCostより高い場合、推奨事項はこのクエリーにマイナスの影響を与えます。

SpaceEstimate 推奨されている行パーティション化を使ってテーブルを格納するのに必要な追加の増分スペース(バイト単位)。
TimeEstimate 将来の使用に備えて予約済み。

推奨されている行パーティション化を使ってテーブルを再作成するためのミリ秒単位の見積もり時間。

StatsDDL 推奨されている行パーティション式で統計を収集するためのSQLテキスト。
Remarks 推奨事項に関する追加の詳細。
AnalysisTimeLimit 分析の期間についてユーザーが指定した期限(分単位)。
TimeLimitExceeded 推奨事項が、指定されている期限が切れているINITIATE PARTITION ANALYSISリクエストによって生成されたかどうかを示します。
  • Fの場合、指定されたINITIATE PARTITION ANALYSISの期限を超えているため、行パーティションの分析は中断されません。

    これは、デフォルトです。

  • Tの場合、指定されたINITIATE PARTITION ANALYSISの期限を超えているため、行パーティション分析は中断されます。

    これは、最終の推奨事項が影響を受けた可能性があることを意味します。

AnalysisData 将来の使用に備えて予約済み。