17.00 - 17.05 - IndexMaintenance - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1142-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

IndexMaintenanceの機能

IndexMaintenanceは、IndexRecommendationsに保存された推奨インデックスを保守する際にINSERT、UPDATE、MERGE、またはDELETEリクエストによって発生するコストの見積もりを保存します。

IndexMaintenanceには、インデックスに保守コストが必要なSQLリクエストとインデックスの組み合わせごとに1つの行が含まれます。このテーブルに対して直接問い合わせて、指定のワークロードについてTeradata Index Wizardで推奨されるインデックスを保守するための見積もりコストを検索できます。

IndexMaintenanceテーブルの定義

次のCREATE TABLE文は、IndexMaintenanceテーブルを定義しています。

   CREATE TABLE IndexMaintenance (
     WorkLoadID       INTEGER NOT NULL,
     RecommendationID INTEGER NOT NULL,
     IndexNameTag     VARCHAR128 CHARACTER SET UNICODE NOT CASESPECIFIC
                      NOT NULL,
     SQLStatementID   INTEGER NOT NULL,
     SecondaryIndexID INTEGER DEFAULT NULL,
     BaseTableID      BYTE(6) NOT NULL,
     BaseTableName    VARCHAR128 CHARACTER SET UNICODE NOT CASESPECIFIC
                      NOT NULL,
     DatabaseName     VARCHAR128 CHARACTER SET UNICODE NOT CASESPECIFIC
                      NOT NULL,
     IndexType        INTEGER NOT NULL,
     IndexTypeText    VARCHAR(30) CHARACTER SET LATIN NOT CASESPECIFIC,
     JINumber         INTEGER DEFAULT NULL,
     MaintCosts       FLOAT DEFAULT 0)
   PRIMARY INDEX (WorkloadID);

IndexMaintenanceの属性の定義

次のテーブルは、IndexMaintenanceテーブル属性を定義しています。

属性 説明
WorkloadID
  • 属性データを作成するために分析されたワークロードを固有に識別する。
  • このテーブルのNUPI。
RecommendationID IndexRecommendationsテーブルでrecommendation IDを固有に識別する。
IndexNameTag インデックス分析のユーザー指定の名前。
BaseTableID 更新されている基本テーブルのID。
BaseTableName BaseTableIDによって参照される基本テーブルの名前。
JINumber IndexRecommendationsテーブル内で推奨される結合インデックスに対して割り当てられる順次番号。

この列が適用されるのは、IndexType列の値が有効な結合インデックス タイプに対応する場合だけです。

SQLStatementID クエリー計画が獲得された際にシステムによって生成されるクエリーの固有識別子である、QueryテーブルにあるQueryIDの値。
SecondaryIndexID IndexRecommendationsテーブル内の推奨されるセカンダリ インデックスのIndexID。

この列が適用されるのは、IndexType列の値が有効なセカンダリ インデックス タイプに対応する場合だけです。

IndexType 推奨されたインデックスのタイプを示す番号。

それぞれの固有インデックス タイプは、独自のIndexTypeTextに関連付けられています。

以下に、有効なIndexTypeコードおよび対応するIndexTypeText文字列を示します。

  • 1の場合、IndexTypeTextはUSI。
  • 2の場合、IndexTypeTextはVOSI。
  • 3の場合、IndexTypeTextはHOSI。
  • 4の場合、IndexTypeTextはNUSI。
  • 5の場合、IndexTypeTextはJI。
  • 6の場合、IndexTypeTextはJIAGG。
IndexTypeText IndexTypeのテキストによる表現。

以下に、有効なIndexTypeText文字列およびその意味を示します。

  • HOSIはハッシュ順セカンダリ インデックス。
  • JIは単純結合インデックス。
  • JIAGGは集約結合インデックス。
  • NUSIは非固有セカンダリ インデックス。
  • USIは固有セカンダリ インデックス。
  • VOSIは値順セカンダリ インデックス。
MaintCosts 推奨されるインデックス構造を更新するためのコストの見積もり(ミリ秒)。