17.00 - 17.05 - Query - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1142-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

Queryの機能

獲得された問合わせに関する情報を記述します。

Queryテーブルの定義

次のCREATE TABLEリクエストは、クエリー テーブルを定義します。

   CREATE TABLE Query(
     QueryID                   INTEGER NOT NULL,
     UDB_Key                   INTEGER NOT NULL,
     MachName                  VARCHAR(30) CHARACTER SET UNICODE
                               NOT CASESPECIFIC NOT NULL,
     NumAMPs                   INTEGER NOT NULL,
     NumPEs                    INTEGER NOT NULL,
     NumNodes                  INTEGER NOT NULL,
     ReleaseInfo               VARCHAR(256) CHARACTER SET UNICODE
                               NOT CASESPECIFIC NOT NULL,
     VersionInfo               VARCHAR(256) CHARACTER SET UNICODE
                               NOT CASESPECIFIC NOT NULL,
     PENum                     INTEGER NOT NULL,
     QueryText                 VARCHAR(20000) CHARACTER SET UNICODE
                               NOT CASESPECIFIC,
     CaptureTimeStamp          TIMESTAMP(0) NOT NULL,
     QueryName                 VARCHAR128 CHARACTER SET UNICODE
                               NOT CASESPECIFIC,
     Frequency                 INTEGER NOT NULL,
     StatementTypes            VARCHAR(120) CHARACTER SET LATIN
                               NOT CASESPECIFIC NOT NULL,
     DefaultDBName             VARCHAR128 CHARACTER SET UNICODE
                               NOT CASESPECIFIC NOT NULL,
     Overflow                  CHARACTER(1) CHARACTER SET LATIN,
                               NOT CASESPECIFIC,
     Complete                  CHARACTER(1) CHARACTER SET LATIN,
                               NOT CASESPECIFIC,
     ValidatedPlan             CHARACTER(1) CHARACTER SET LATIN,
                               NOT CASESPECIFIC,
     ImportedPlan              CHARACTER(1) CHARACTER SET LATIN,
                               NOT CASESPECIFIC,
     SessionTemporalQualifier  VARCHAR(1024) CHARACTER SET LATIN
                               NOT CASESPECIFIC,
     TemporalTimestamp         TIMESTAMP(0),
     TotalCost                 FLOAT DEFAULT 0),
   UNIQUE PRIMARY INDEX PK_QueryID (QueryID);

Queryの属性の定義

次のテーブルは、クエリー テーブル属性を定義します。

属性 定義
QueryID
  • 問合わせ計画が獲得された際にシステムによって生成される、問合わせの固有識別子。
  • このテーブルのUPI。
UDB_Key DUMP EXPLAIN文、INSERT EXPLAIN文、またはBEGIN QUERY CAPTURE文を実行することによって計画を獲得したユーザーの識別子(<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照)。
MachName 問合わせ計画が獲得されたテスト マシンの名前。
NumAMPs 構成内のAMPの数。
NumPEs 構成内のPEの数。
NumNodes 構成内のノードの数。
ReleaseInfo 問合わせが獲得された際のTeradata Databaseのリリース番号。

値は、DBC.DBCInfoで定義されます。

VersionInfo 問合わせが獲得された際のTeradata Databaseのバージョン番号。

値は、DBC.DBCInfoで定義されます。

PENum 問合わせが処理されたパーシング エンジンの番号。
QueryText 獲得された問合わせのSQL DMLテキスト。

テキストが上限の20,000文字を超えると、QryRelXテーブルにオーバーフローします。QryRelXを参照してください。

CaptureTimeStamp 獲得された問合わせがいつ実行されたかを識別するタイムスタンプ。

同じ問合わせを、同じマシンで、同じソフトウェア バージョンおよびリリースで複数回実行した場合に、それぞれを区別する助けになります。

QueryName AS句で指定された問合わせの名前(指定された場合)。
Frequency 割り当てられたワークロードで実行される問合わせの回数。

この値は、行を作成するのに使用されるINSERT EXPLAIN文によって指定される。

StatementTypes 3文字でなる文タイプ コードの、カンマで区切られたリスト。
  • ABTはABORT文。
  • BTSはBEGIN TRANSACTION文。
  • DELはDELETE文。
  • ETSはEND TRANSACTION文。
  • INSはINSERT文。
  • MRGはMERGE文。
  • NULはnull文。
  • OTRはその他の文。

    このコードは、他の9つの文タイプ コードによって表わされていないすべてのタイプを表わします。

  • RETは検索(SELECT)文。
  • UPDはUPDATE文。
  • URTは更新検索文。
DefaultDBName 問合わせ計画が獲得された時点でのデフォルトのデータベースの名前。
Overflow QueryTextが20,000文字を超えるかどうかを指定します。
QueryTextが20,000文字を超えると、その境界を越えるすべてのテキストが切り捨てられます。
  • コードFはQueryText <= 20 000文字を示す。
  • コードTはQueryText > 20 000文字で、切り捨て済みを示す。
Complete Queryが完全な問合わせテキストを格納しているのか、切り捨てられた問合わせテキストを格納しているのかを識別する。
  • Fはクエリー テキストが切り捨てられることを示す。

    格納される文字数の上限は、DUMP EXPLAINおよびINSERT EXPLAIN文のLIMIT句によって制御されます(詳細については、<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照)。

    DUMP EXPLAINまたはINSERT EXPLAINによって限界が指定されないと、問合わせテキスト全文が取り込まれ、格納されます。

  • Tは、問合わせテキスト全文が獲得され、格納されることを示す。

    オーバーフローがある場合(Overflow属性の値がTになる)、QryRelXテーブルに格納されます(QryRelXを参照)。

ValidatedPlan 計画が検証モードまたは非検証モードのどちらで獲得されたかを指定する。
キャプチャ中は、必ずFに設定されます。
  • Fは、問合わせ計画が非検証モードで獲得されたことを示す。
  • Tは、問合わせ計画が検証モードで獲得されたことを示す。
ImportedPlan クエリー計画が現在のシステムで獲得されたのか、他のシステムからインポートされたのかを指定する。
キャプチャ中は、このフラグが常にFに設定されます。
  • Fは、問合わせ計画が現在のシステムで獲得されたことを示す。
  • Tは、問合わせ計画が他のシステムから現在のシステムにインポートされたことを示す。
TemporalTimestamp 問合わせが獲得されたときにTEMPORAL_TIMESTAMP関数の評価から導出されるタイムスタンプ値。

この列は、テンポラル テーブルを参照するかTEMPORAL_TIMESTAMP関数またはTEMPORAL_DATE関数を呼び出すリクエストに対してのみ書き込まれます。

獲得された問合わせがテンポラル テーブルを参照していない場合やTEMPORAL_TIMESTAMP関数またはTEMPORAL_DATE関数を呼び出していない場合、この列はnullに設定されます。

一時的なタイムスタンプの詳細については、<Teradata Vantage™ - テンポラル テーブル サポート、B035-1182>を参照してください。

SessionTemporalQualifier 最後のSET SESSION temporal_qualifierリクエストによって指定されたセッションのテンポラル修飾子を指定する。
以下は、有効なセッションのテンポラル修飾子のリストです。
  • ANSIQUALIFIER
  • AS OF date_expression
  • AS OF timestamp_expression
  • CURRENT TRANSACTIONTIME
  • CURRENT TRANSACTIONTIME AND CURRENT VALIDTIME
  • CURRENT VALIDTIME
  • CURRENT VALIDTIME AND CURRENT TRANSACTIONTIME
  • CURRENT VALIDTIME AND NONSEQUENCED TRANSACTIONTIME
  • CURRENT VALIDTIME AND TRANSACTIONTIME AS OF timestamp_expression
  • NONSEQUENCED TRANSACTIONTIME
  • NONSEQUENCED TRANSACTIONTIME AND CURRENT VALIDTIME
  • NONSEQUENCED VALIDTIME
  • NONSEQUENCED VALIDTIME AND CURRENT TRANSACTIONTIME
  • NONSEQUENCED VALIDTIME AND NONSEQUENCED TRANSACTIONTIME
  • NONSEQUENCED VALIDTIME AND TRANSACTION TIME AS OF timestamp_expression
  • SEQUENCED VALIDTIME
  • SEQUENCED VALIDTIME AND CURRENT TRANSACTIONTIME
 
  • SEQUENCED VALIDTIME period_of_applicability
  • SEQUENCED VALIDTIME period_of_applicability AND CURRENT TRANSACTIONTIME
  • SEQUENCED VALIDTIME AND NONSEQUENCED TRANSACTIONTIME
  • SEQUENCED VALIDTIME period_of_applicability AND NONSEQUENCED TRANSACTIONTIME
  • SEQUENCED VALIDTIME period_of_applicability AND TRANSACTIONTIME AS OF timestamp_expression
  • TRANSACTIONTIME AS OF timestamp_expression
  • VALIDTIME
  • VALIDTIME period_of_applicability
  • VALIDTIME AND CURRENT TRANSACTIONTIME
  • VALIDTIME AND NONSEQUENCED TRANSACTIONTIME
  • VALIDTIME AND TRANSACTIONTIME AS OF timestamp_expression
  • VALIDTIME AS OF date_expression
  • VALIDTIME AS OF timestamp_expression
  • VALIDTIME AS OF date_expression AND CURRENT TRANSACTIONTIME
  • VALIDTIME AS OF timestamp_expression AND CURRENT TRANSACTIONTIME
TotalCost この問合わせの実行にかかるコストの見積もりの合計(ミリ秒単位)。