17.00 - 17.05 - Workload - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1142-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

Workloadの機能

Workloadテーブルには、データベースで定義されているワークロードごとに1つの登録項があります。

Workloadテーブルの定義

次のCREATE TABLEリクエストは、ワークロード テーブルを定義しています。

   CREATE TABLE Workload(
     WorkloadID       INTEGER NOT NULL,
     WorkloadName     VARCHAR128 CHARACTER SET UNICODE
                      UPPERCASE NOT CASESPECIFIC NOT NULL,
     CreatedTimeStamp TIMESTAMP(6) NOT NULL,
     LastModified     TIMESTAMP(6) NOT NULL,
     CreatorName      VARCHAR128 CHARACTER SET UNICODE
                      NOT CASESPECIFIC)
   UNIQUE PRIMARY INDEX(WorkLoadName),
   UNIQUE INDEX(WorkLoadID);

Workloadの属性の定義

次のテーブルは、ワークロード テーブルの属性を定義しています。

属性 定義
WorkloadID
  • ワークロードの、内部的に生成された(データベース内で)固有な識別子。
  • このテーブルのUSI。
WorkloadName
  • ユーザー指定の固有なワークロード名。
  • このテーブルのUPI。
CreatedTimeStamp ワークロードが作成された際のタイムスタンプ。
LastModified ワークロードが最後に変更された際のタイムスタンプ。
CreatorName ワークロードを作成したユーザーの名前。