表示データ量の制限 - Basic Teradata Query

Basic Teradata Query リファレンス

Product
Basic Teradata Query
Release Number
16.20
Published
2018年4月
Language
日本語
Last Update
2019-07-11
dita:mapPath
ja-JP/kil1527114222313.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/kil1527114222313.ditaval
dita:id
psp1479308573013
Product Category
Teradata Tools and Utilities

対話形式のセッションでレコード モードか標識モードのいずれかを使用しているときには、端末画面に表示されるデータの行数を制限する必要がある場合があります。 例えば、BTEQスクリプトやマクロの書式設定部分を作成し、テストする場合には、必ずしもすべてのデータを表示させる必要がない場合もあります。 数行を表示させるだけで、作成した書式設定ステートメントの実行結果を確認できます。

画面に表示されるデータの行数を制限する場合は、次のBTEQコマンドを使用します。

コメント 関数
RETCANCEL このコマンドを使用し、指定した行数が表示されたらリクエストを取り消す。
RETLIMIT RETLIMITのROWSオプションを使用し、端末画面に表示する応答データの行数を指定する。
  • 応答データの行の制限値(RETLIMIT)を指定し、RETCANCELの制御をOFFにした場合には、指定した制限値に達した時点でデータの表示は中止されます。ただし、リクエストの処理は続行されます。
  • RETLIMIT設定のROWSオプションのデフォルト値は、ゼロ、すなわち制限なしです。 応答データの行の制限値を指定せずにRETCANCELをONに設定した場合には、すべてのリクエスト データが検索され、表示されます。
  • 応答データがレコード モードか標識モードで返され、その出力先がエクスポート ファイルではなく標準出力ストリームに指定されているときには、応答データは、8進数か16進数のダンプ形式(対応するEBCDIC文字付き)で表現されます。データを返すSQL文の結果の行ごとに、1つのダンプが生成されます。

例 – 表示データ量

次の例では、表示が2行のレコード モードのデータに制限されます。

.Set retlimit 2
.Set recordmode on  
select * from fml.department;

表示例:

*** Success , Stmt#1, ActivityCount = 5
*** Time was 4.70 seconds.
*** Record#1. Dump Of Data:
 0000  F401 000B 456E 6769  6E65 6572 696E 6741  *....EngineeringA*
 0010  544C 1C27                                 *TL.'*
*** Record#2. Dump Of Data:
 0000  BC02 0009 4D61 726B  6574 696E 674E 5943  *....MarketingNYC*
 0010  2527                                      *%'* 
[*** Warning: RetLimit exceeded.
              Ignoring the rest of the output.

同様に、次の例では、表示が2行の標識モードのデータに制限されます。

.Set retlimit 2
.Set indicatormode on  
select * from fml.department; 

表示例:

*** Success , Stmt#1, ActivityCount = 5
*** Time was 0.51 second. 
   
*** Dump of Parcel DATAINFO:  
 0000  0400 F401 0200 C101  0E00 C501 0#00 F401  *................*
 0010  0200                                   *..*
*** Record#1. Dump Of Data:
 0000  00F4 0100 0B45 6E67  696E 6565 7269 6E67  *.....Engineering*
 0010  4154 4C1C 27                           *ATL.'* 
*** Record#2. Dump Of Data:
 0000  00BC 0200 094D 6172  6B65 7469 6E67 4E59  *.....MarketingNY*
 0010  4325 27                                *C..* 

通常のフィールド モードに戻るためには、次の例に示すように、RECORDMODEコマンドまたはINDICATORMODEコマンドのオプションをOFFにしてから、RETLIMITコマンドのROWSオプションをゼロにリセットします。

.SET RECORDMODE OFF

または

.SET INDICATORMODE OFF

このあとに、次のように入れます。

.SET RETLIMIT 0