表記法 - Basic Teradata Query

Basic Teradata Query リファレンス

Product
Basic Teradata Query
Release Number
16.20
Published
2018年4月
Language
日本語
Last Update
2019-07-11
dita:mapPath
ja-JP/kil1527114222313.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/kil1527114222313.ditaval
dita:id
psp1479308573013
Product Category
Teradata Tools and Utilities
項目 定義 / 注釈
文字 アルファベットのAからZまでの大文字または小文字。
数値 0から9までの数字

3桁より大きい数値を入力する場合でも、カンマは使用しないでください。

変数のあるキーワード。
  • 大文字(UPPERCASE LETTERS)は、キーワードを表わします。

    構文図では、オペレーティング システムの制限によって小文字でなければならない場合を除いて、キーワードはすべて大文字で表示されます。

  • lowercase italic lettersは、列名またはテーブル名などの変数を表わします。

    変数は、適正な値に置き換える必要があります。

  • 太字の小文字は、構文図からの抜粋を表わします。抜粋は、含まれている構文図のすぐ後に定義されています。

  • UNDERLINED LETTERSは、他の値が指定されていない場合にデフォルトで想定される値を表わします。これは大文字の語にも小文字の語にも当てはまります。
スペース キーワード間や変数間など、項目と項目の間にはスペースを1つ入れます。
句読点 すべての句読点は、構文図に表示されているとおりに正確に入力する必要があります。