ECHOREQ - Basic Teradata Query

Basic Teradata Query リファレンス

Product
Basic Teradata Query
Release Number
16.20
Published
2018年4月
Language
日本語
Last Update
2019-07-11
dita:mapPath
ja-JP/kil1527114222313.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/kil1527114222313.ditaval
dita:id
psp1479308573013
Product Category
Teradata Tools and Utilities

目的

この制御によって、ユーザーは、Teradata SQLリクエストおよびBTEQコマンドのコピーを標準出力ストリームに送るかどうかを指定できます。

構文



使用上の注意

ECHOREQコマンドを一連のBTEQコマンドまたはリクエストの前に使用し、ECHOREQコマンドに続く各コマンドまたはリクエストのコピーが返される(エコー表示される)かどうかを指定します。 (LOGONコマンドのパスワード部分については、エコー表示されません。)

処理 結果
ECHOREQコマンドが指定されていない デフォルトの初期値はONです。すべてのSQLリクエストおよびBTEQコマンドがエコー表示されます。
ECHOREQが使用されていて、ON、ERRORONLY、またはOFFが指定されていない BTEQではONが使用されます。
ECHOREQ ERRORONLYが指定されている SQLはエコー表示されませんが、BTEQコマンドはすべてエコー表示されます。つまり、BTEQコマンドの場合はECHOREQ ONに等しくなります。SQLがDBSの失敗またはエラーになった場合、リクエスト テキストは失敗またはエラー メッセージの一部として標準エラー ストリームに出力されます。
ERRORONLYの場合にONとして処理されるBTEQコマンドの動作は、後のリリースで変更されることがあります。変更後のリリースでは、BTEQコマンドは失敗したSQLリクエストと同じように動作します。つまり、BTEQコマンドはエコーされませんが、失敗した場合は出力されます。
ECHOREQ OFFが指定されている SQLまたはBTEQコマンドはエコー表示されません。
ECHOREQコマンドは、Teradata SQLのECHO文とは関係ありません。

ECHOREQコマンドはTeradata SQLマクロでは使用ロックします

ERRORONLYが有効な場合に、REPEAT係数を1より大きい値に設定してSQLリクエストを発行すると、複数のエラー応答が発生し、最初のエラーが最初の応答シーケンスに対応しなくなることがあります。 REPEATの実行中は、リクエスト テキスト エコーのインスタンスが1つのみ実行されます。

例 – ECHOREQ

入力のエコーを抑制するには、次のコマンドを入力します。

.SET ECHOREQ OFF

SQLリクエストのエコーを抑制するが、DBSエラーまたは障害が戻されたときには出力されるようにするには、次のように入力します。

.SET ECHOREQ ERRORONLY

次に例を示します。

対話モード

BTEQ -- Enter your SQL request or BTEQ command:
.SET ECHOREQ ERRORONLY
.SET ECHOREQ ERRORONLY
BTEQ -- Enter your SQL request or BTEQ command:
.SHOW CONTROLS ECHOREQ
.SHOW CONTROLS ECHOREQ
[SET] ECHOREQ = ERRORONLY
BTEQ -- Enter your SQL request or BTEQ command:
SELECT date;
*** Query completed. One row found. One column returned.
*** Total elapsed time was 1 second.
    Date
--------
12/02/21
BTEQ -- Enter your SQL request or BTEQ command:
SELECT junk;
*** Failure 3822 Cannot resolve column 'junk'. Specify table or view.
                 Statement# 1, Info =0
*** Request Text:
SELECT junk;
*** Total elapsed time was 1 second.
BTEQ -- Enter your SQL request or BTEQ command:

バッチ モード

+---------+---------+---------+---------+---------+---------+---------+
   .SET ECHOREQ ERRORONLY
+---------+---------+---------+---------+---------+---------+---------+
   .SHOW CONTROLS ECHOREQ
   [SET] ECHOREQ = ERRORONLY
+---------+---------+---------+---------+---------+---------+---------+
   *** Query completed. One row found. One column returned.
   *** Total elapsed time was 1 second.
       Date
   --------
   12/02/21
+---------+---------+---------+---------+---------+---------+---------+
   *** Failure 3822 Cannot resolve column 'junk'. Specify table or view.
                    Statement# 1, Info =0
   *** Request Text:
   SELECT junk;
   *** Total elapsed time was 1 second.
+---------+---------+---------+---------+---------+---------+---------+