16.20 - リモート接続なしのTPAノードの構成 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
ソースまたはターゲット システム上で1つ以上のTPAノードにリモート接続がない場合、システム ノードとメディア サーバー ノードIP間の接続を指定することで、DSAファブリックを両方のDSAシステムに対して構成する必要があります。
  1. ソース システムおよびターゲット システムのDSAネットワーク ファブリックを、以下を含むように構成します。
    1. ソースTPAノードがターゲット メディア サーバー ノードIPにリモート接続できるパスのみを含むように、ソース システムのファブリックを定義します。
    2. ターゲットTPAノードがターゲット メディア サーバー ノードIPにリモート接続できるパスのみを含むように、ターゲット システムのファブリックを定義します。
    3. メディア サーバーもソース システム ノードにインストールされている場合は、以下を実行します。
      システム ファブリック 説明
      ソース ソースTPAノードがそのメディア サーバー ノードIPにリモート接続できるパスを追加します。
      ターゲット ターゲットTPAノードがソース メディア サーバー ノードIPにリモート接続できるパスを追加します。
  2. dsc.propertiesで次の値を変更してファブリック検証をオフにすることで、ジョブの失敗を回避します。
    # Fabric validation all nodes need a path to a media server
    #Possible values On/Off
    Validation.fabric=off
  3. DSCを再起動します。