16.20 - このリリースの新機能 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
日付 リリース 説明
2021年11月 16.20.50.00 アクティブ リポジトリとスタンバイ リポジトリの同期の更新
2019年10月 16.20.50.00
  • 依存関係セクションに、Teradata以外のサーバーのコマンド ラインでサポートされているオペレーティング システムを含むテーブルを追加しました。
  • 新しいTeradataシステムのDSAセットアップにネットワーク ファブリックの作成に関する詳細を追加しました。
2019年5月 16.20.25.00
  • 必要な内部リポジトリをTeradata Database 16.20に更新しました。
  • VMware上でのData Moverのデプロイを追加しました。
  • DSA情報を全体的に更新し、わかり易くしました。
2018年11月 16.20.23.00
  • 外部DSAを使用する際のDSAバージョン要件情報を追加しました。
  • サポート対象のJDKバージョンを更新しました。
  • サポート対象のTDCHバージョンを更新しました。
  • 次の新しいパラメータを使用するdsa_configsys情報を更新しました。
    • -U (システムを構成する際、dbcユーザー以外のユーザーを指定するために使用します。)
    • --verify (システムが以前にDSAで構成されていたかどうかを確認するために使用します。)
  • Teradata Database 16.20 Feature Update 2がサポートされるようになりました。
  • 次の情報を追加しました: ネットワーク ファブリックを使用してDSAで構成したシステムは、ファブリックを使用するために、メディア サーバーを構成する必要もあります。
  • TPAノードにDSA ClientHandler RPMをインストールする際の情報を更新しました。
2018年5月 16.20.12.00 Teradata Database 16.20 Feature Update 1のサポートが変更されました。
2017年12月 16.20 初期リリース。