16.20 - フェールオーバー構成の確認 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
  1. 元のアクティブで、すべてのData Moverエージェントが出力に表示されていることを確認します。
    datamove list_agents
  2. 指定スタンバイでの出力が、ステップ1の出力と同じであることを確認します。
    datamove list_agents
  3. デーモンが指定スタンバイ上で実行されていないことを確認します。
    /etc/init.d/dmdaemon status
  4. ActiveMQが指定スタンバイ上で実行されていないことを確認します。
    /etc/init.d/tdactivemq status
  5. Data Mover ARCジョブを実行します。
    1. クラスタ内のData Moverエージェントの数にmax_agents_per_taskを設定します。
    2. max_agents_per_task以上の値にdata_streamsを設定します。
    3. ジョブ ステータスをチェックして、ジョブが正常に実行され、すべてのData Moverエージェントが使用されていることを確認します。
  6. Data Mover TPTジョブを実行します。
    1. クラスタ内のData Moverエージェントの数にmax_agents_per_taskを設定します。
    2. max_agents_per_task以上の値にdata_streamsを設定します。
    3. ジョブ ステータスをチェックして、ジョブが正常に実行され、すべてのData Moverエージェントが使用されていることを確認します。