16.20 - 例: クラスタの構成とモニタリング サービスの開始 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
dmcluster configコマンドは、DM1、DM2、DM3、VP1、VP2の各サーバー間のSSH接続を設定します。Data Mover監視サービスがこれらの接続を使用して、アクティブData Moverコンポーネントを監視し、アクティブ コンポーネントのいずれかが動作を停止した場合にフェールオーバーを開始します。
  1. アクティブ(DM1)サーバー上のfailover.propertiesファイルに次の変更を入力します。
    • local.daemon.host=DM1
    • remote.daemon.host=DM2
    • local.monitor.host=VP1
    • remote.monitor.host=VP2
    • local.repository.host=DM1
    • remote.repository.host=DM2
    • local.agents.host=DM1, DM2, DM3
    • remote.agents.host=DM1, DM2, DM3
  2. ./dmcluster configをrootとして実行し、次のプロンプトに従います。
    プロンプト アクション
    Please enter the Root Password for the server running Master Repository: DM1のroot Linuxパスワードを入力します。
    Please enter the Root Password for the server running Slave Repository: DM2のroot Linuxパスワードを入力します。
    Please enter the password for root@DM1(MASTER DAEMON): DM1のroot Linuxパスワードを入力します。
    Please enter the password for root@DM2(SLAVE DAEMON): DM2のroot Linuxパスワードを入力します。
    Please enter the password for root@VP1(MASTER MONITOR): VP1のroot Linuxパスワードを入力します。
    Please enter the password for root@VP2(SLAVE MONITOR): VP1のroot Linuxパスワードを入力します。
    Please enter the password for root@DM3(Master Agent(s)): DM3のroot Linuxパスワードを入力します。