16.20 - DSAフェールオーバー構成 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-107K-JPN
Language
日本語 (日本)

DSAを使用したフェールオーバーの構成方法は、DSA環境で使用されている構成によって決まります。構成の詳細については、DSA構成を参照してください。

構成1: Data MoverサーバーでDSCを実行する場合

外部DSA環境がない場合、アクティブおよびスタンバイData MoverデーモンはData MoverにバンドルされたDSCを使用して構成されます。


この構成では、DSC、DSA REST、およびTeradata ActiveMQがアクティブなData Moverサーバーで実行されます。スタンバイ サーバーでは、DSC、DSA REST、およびTeradata ActiveMQがオフになります。フェールオーバーが発生すると、Data Moverフェールオーバー モニターがスタンバイ サーバー上のDSC、DSA REST、Teradata ActiveMQを含むData Moverコンポーネントを自動でオンにします。
ソース システムとターゲット システムで実行されているTeradata Databaseのバージョンに基づいて、次の考慮事項を参照してください。
データベース バージョン アクションが必要か 説明
16.00未満 はい Data Mover DSAジョブを実行する前に、ソース システムとターゲット システムを構成するときは、DSCを新しいアクティブ サーバーに登録する必要があります。
16.00以降 いいえ アクティブ サーバーとスタンバイ サーバーのDSCは、構成プロセス中にソース システムとターゲット システムに登録されます。フェールオーバーが発生した場合は、新しいアクティブDSCがすでに登録されており、起動後にすぐに使用できる状態です。

構成2: Data Moverで外部DSCを使用する場合

構成2が使用されるのは、16.00より前のバージョンのTeradata Databaseに既存のDSA環境があり、次の目的に使用されている場合です。
  • バックアップおよび復元
  • データベースをソース システムまたはターゲット システムとして使用した、Data Moverによるデータのコピー


この構成では、アクティブ サーバーとスタンバイ サーバーの両方が同じ外部DSCを使用します。Data Moverフェールオーバーが発生した場合は、フェールオーバー モニターが新しいアクティブなData Moverコンポーネントを起動し、新しいアクティブなData Moverサーバーが外部DSCを呼び出します。Data Moverフェールオーバーが発生した場合に、DSCの構成または登録は必要ありません。
外部DSCに障害が発生した場合は、新しいDSCをソース システムとターゲット システムに登録し、アクティブとスタンバイのData Moverサーバーを構成してこの新しいDSCを使用する必要があります。現時点では、この種の障害に対する自動フェールオーバーはありません。

構成3: Data Moverサーバーおよび外部環境でDSCを実行する場合

構成3は、Teradata Databases 16.00以降でData Mover DSCと外部DSC環境を両方使用する場合です。


フェールオーバーの場合、この構成は構成1のミラーリングになります。独立した外部DSCは、Data Moverフェールオーバーのシナリオには含まれません。詳細については、DSAフェールオーバー構成1を参照してください。