16.20 - 例: フェールオーバー構成の確認 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
  1. DM1でdatamove list_agentsを実行し、3つのData Moverエージェント(DM1、DM2、DM3)がすべて実行されていることを確認します。
  2. DM2でdatamove list_agentsを実行し、出力がステップ1と同じことを確認します。
    DM1とDM2の両方がActiveMQ接続ログに記録されている必要があります。
    About to connect to ActiveMQ at DM1, DM2:61616
  3. DM2で/etc/init.d/dmdaemon statusを実行し、出力にNOT RUNNINGが示されることを確認します。
  4. いくつかのジョブを実行して、クラスタが正しく動作していることを確認します。