16.20 - ソース システムおよびターゲット システムの構成 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
DSAでData Moverを使用している場合は、dsa_configsysツールを使用してソース システムおよびターゲット システムを構成します。構成で-hオプションおよび-uオプションが指定されている場合、dsa_configsysは、ソース システムおよびターゲット システムでDSMAINを再起動します。-hオプションおよび-uオプションが指定されていない場合は、DSAを使用する前にcnstermを使用して手動でDSMAINを再起動する必要があります。
ソース システムとターゲット システムを構成するときは、次の点を考慮する必要があります。
  • DSCホストは、ソースおよびターゲット システム上のすべてのTPAノードが到達できるIPに解決する必要があります。
  • 各TPAノードは、同じシステム上の全ノードのCOPエントリを解決する必要があります。
  • -uオプションで指定するユーザーは、"root"か、Teradatacnsterm ユーティリティを実行するためのsudoアクセス権を持つユーザーである必要があります。
  • -tオプションでTDPIDを指定する必要があります。
  1. DSCホストから、hostname -iを実行して、解決済みIPがTPAノードから到達できることを確認します。
  2. 使用しているDSA構成に応じて、以下のいずれかのサーバーでbuild_dsainputsを実行します。
    DSA構成 Server
    バンドルされたDSA Data Moverサーバー
    外部DSA 外部DSCサーバー

    build_dsainputsスクリプトを外部DSCサーバーにコピーし、そこから実行します。スクリプトは、任意のディレクトリにコピーして実行できます。

  3. dsa_configsysを使用してソース システムおよびターゲット システムを構成し、DSMAINを再起動します。
    dsa_configsysを使用してTDPID sdt05126を構成し、DSMAINを再起動する例を以下に示します。
    # ./dsa_configsys -t sdt05126 -p dbc -h sdt05126 -u root
    {"validationlist":null,"status":"CONFIG_TERADATA_SYSTEM_SUCCESSFUL","systemName":"sdt05126","tdpId":"sdt05126","valid":true,"links":[]}
    sdt05126 successfully configured.
    --------------------------------------------------------------------------------------------
    Preparing to stop/start DSMain.
    
    There may be a delay of 30 seconds or more after each operation.
    
    PLEASE ALLOW BOTH OPERATIONS TO COMPLETE.
    
    If prompted .. please enter the password for user root on sdt05126:
    
     _______
        |                                |              |
        |    ___     __     ____         |    ____    __|__    ____
        |   /      |/  \    ____|    ____|    ____|     |      ____|
        |   ---    |       /    |   /    |   /    |     |     /    |
        |   \___   |       \____|   \____|   \____|     |__   \____|
     
        Release 15.10.03.05 Version 15.10.03.05
        DSA DSMain Utility
     
    
        This program is used to start or stop DSMain    
    
     
        **  DSMain is not running  **
    
    
     _______
        |                                |              |
        |    ___     __     ____         |    ____    __|__    ____
        |   /      |/  \    ____|    ____|    ____|     |      ____|
        |   ---    |       /    |   /    |   /    |     |     /    |
        |   \___   |       \____|   \____|   \____|     |__   \____|
    
        Release 15.10.03.05 Version 15.10.03.05
        DSA DSMain Utility
     
        This program is used to start or stop DSMain    
    
        DSMain started.    
    
    --------------------------------------------------------------------------------------------
    
    Restart of DSMain Complete.
    
    Verifying that sdt05126 has registered with ActiveMQ .. please wait.
    
    sdt05126 has been successfully configured and has registered with ActiveMQ.
    システムがDSAで構成されているかどうかを確認するには、--verifyオプションを -tオプションや-pオプションと併用します。
    次の例は、パラメータが指定されていない場合に表示されるdsa_configsysの使用状況に関する情報を示しています。
    $ ./dsa_configsys
    
    Usage: dsa_configsys -t <TDPID> [-U <db_user>] -p <db_user password> [--verify] [ -h <host> -u <linux userid> [-i <identity_file>] ] | -?
    
    Description:
    This script will configure a TD system for DSA (similar to the 'dsc config_systems' command). After the TD system is configured DSMain must be re-started on the system. This script will restart DSMain if the -h option is specified.
    
    Run this script locally on the DSC server for which the TD systems are being configured.
    
    -t The TDPID of the system to configure. The TDPID must exactly match the definition from the Data Mover <source_tdpid> and <target_tdpid> job XML. For example: if the <source_tdpid> in the job XML is prodsys.labs.td.com then it must be specified as prodsys.labs.td.com for this option.
    
    -U (Optional) Use this option to specify a user other than 'dbc'. This user must have adequate permission for DB 'sysbar' to replace a macro (TD version < 16.00) or insert a row in table sysbar.dsaconnectionstbl (TD version >= 16.00).
    
    -p Password for user 'dbc' on the system specified above with the -t option. Optionally the -U option can be provided to specify a different user.
    
    --verify (Optional) Use this option along with -t and -p to check whether a system has been configured in DSA. If the system is configured then no additional configuration is needed with dsa_configsys.
    
    -h (Optional) If the user specifies the -h option followed by the TD system host (SMP) or one of the TD system hosts (MPP) then dsa_configsys will ssh into that host to restart DSMain (stop/start).
    
    -u Required when using the -h option, specify a user that has sudo permissions to run TD cnsterm commands on the host (e.g. root, ec2-user, azureuser).
    
    -i (Optional) Specify an identity file that includes the private key.
    
    Examples:
    ./dsa_configsys -t devsys -p dbc -h devsys -u root
    Configure SMP system 'devsys' and restart DSMain.
    
    ./dsa_configsys -t prodsys.labs.td.com -p dbc -h prodsys1 -i my_identityfile -u ec2-user
    Configure MPP system 'prodsys' and restart DSMain. Note that 'prodsys1' resolves to the first node of the MPP system.
    
    ./dsa_configsys -t prodsys -p dbc --verify
    Check if 'prodsys' has been configured in DSA.
    
    -? Displays usage help.