非ターゲット システムの指定のシナリオ - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-07-16
dita:mapPath
ja-JP/fcu1619423186706.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/fcu1619423186706.ditaval
dita:id
B035-4101
Product Category
Analytical Ecosystem
次のテーブルは、job.never.target.systemオプションを使用した場合の特定のシナリオを説明したものです。
影響
job.never.target.systemの値がfalseで、<systemList>にシステムが定義されていない。 Data Moverは、この機能を使用しません。これはデフォルトの設定です。
job.never.target.systemの値がfalseで、<systemList>に非ターゲット システムが定義されている。 Data Moverは、非ターゲット システムのリストを無視します。
job.never.target.systemの値がtrueだが、<systemList>にシステムが定義されていない。 Data Moverはエラーを返します。
job.never.target.systemの値はtrueで、非ターゲット システムは<systemList>で定義され、データをシステムにコピーするData Moverジョブを作成しようとしている。 Data Moverはエラーを返します。
<systemList>の下に定義された非ターゲット システムがIPアドレスで指定されているが、Data MoverコマンドでTDPIDホスト名が使用されている。 Data MoverコマンドではTDPIDホスト名が使用されているため、Data Moverは非ターゲット システムのリストにあるIPアドレスを無視します。Data Moverコマンドとこのリストでは同じ種類のシステム指定を使用する必要があります。