ログをServer Managementに書き込むようにするためのData Moverの構成 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-07-16
dita:mapPath
ja-JP/fcu1619423186706.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/fcu1619423186706.ditaval
dita:id
B035-4101
Product Category
Analytical Ecosystem
agent.propertiesファイルとdaemon.propertiesファイルでtvi.useLoggerプロパティを使用して、Server ManagementにロギングするようにData Moverを構成します。このプロパティのデフォルト設定はTrueで、Server Managementのロギングが自動的に実行され、重大な障害がTeradataに直ちに報告されます。
TVIアラートは、CMICが構成されている場合にのみ送信されます。
Data Moverコンポーネントは、起動時にのみsm_config.txtでCMIC構成プロパティをロードします。構成後のsm_config.txtの変更を反映するには、Data Moverコンポーネントを再起動します。
  1. エージェントとデーモン サーバーにログオンします。
  2. daemon.propertiesファイルでtvi.useLoggerプロパティを設定し、agent.propertiesファイルのtvi.useLoggerプロパティをTrueに設定します。