ジョブ ステータスの表示 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-07-16
dita:mapPath
ja-JP/fcu1619423186706.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/fcu1619423186706.ditaval
dita:id
B035-4101
Product Category
Analytical Ecosystem
直近に実行されたジョブのジョブ ステータスは保存されたジョブ ビューで確認できます。また、以前実行されたジョブのジョブ ステータスはジョブの履歴ビューで確認できます。
  • 直近に実行されたジョブのジョブ ステータスを表示する手順
    1. 保存されたジョブ ビューで、ジョブ名の横の""をクリックします。
    2. ステータスをクリックします。
  • 以前実行されたジョブのジョブ ステータスを表示する手順
    1. ジョブの履歴ビューで、ジョブ名の横の""をクリックします。
    2. ステータスをクリックします。
ジョブ ステータス ビューが表示され、次の情報が表示されます。
フィールド 説明
ジョブ名 ジョブの名前を特定します。
ソース ソースTeradata Databaseシステムを特定します。
ターゲット ターゲットTeradata Databaseシステムを特定します。
開始 ジョブの実行が開始された時刻を表示します。
終了 ジョブの実行が停止された時刻を表示します。ジョブが現在実行中の場合はハッシュが2本表示されます。
サイズ ジョブの合計サイズをKB、MB、またはGB単位で表示します。ジョブの実行が完了するまでサイズは見積値となり、完了後のサイズは初期フェーズで示された値とは異なる場合があります。
ジョブ ステップ ジョブの設定タブでジョブ ステップを停止するように設定した場合に停止と表示されます。
プログレスバーのラベル 現在のステータス(実行中、完了、キャンセル、失敗、またはブロック)、およびジョブが完了した割合が表示されます。 実行中のジョブに合わせて継続的に更新されます。
経過時間 ジョブの実行時間を表示します。実行中のジョブに合わせて継続的に更新されます。
オブジェクト コピーされたオブジェクトの数を表示します。
コピー 転送されたデータのサイズをKB、MB、またはGB単位で識別します。実行中のジョブに合わせて継続的に更新されます。
停止ボタン 実行中のジョブをキャンセルできます。
ストリーム タブ ソース データベースとターゲット データベース間で使用するデータ ストリームを表示します。データ ストリームは.csvファイルにエクスポートできます。データ ストリームの詳細はログタブでも確認できます。
ログタブ ジョブの処理中に、TeradataユーティリティおよびData Moverで生成される詳細ログ(各ジョブ イベントの開始時刻、種類、経過時間、およびメッセージの要約テーブル)を表示します。データ ストリームの詳細情報を.csvファイルにエクスポートすることができます。