例: データベースおよびテーブル レベルでのセカンダリ ステージング データベースの指定 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-07-16
dita:mapPath
ja-JP/fcu1619423186706.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/fcu1619423186706.ditaval
dita:id
B035-4101
Product Category
Analytical Ecosystem
この例では、テーブルtest1については、ステージング テーブルはステージング データベースstaging4に作成され、ワーク テーブル、ログ テーブルおよびエラー テーブルはステージング データベースstaging1に作成されます。
<database selection="unselected">
	<name>database1</name>
	<staging_database><name>staging1</name></staging_database>
	<staging_database_for_table><name>staging2</name></staging_database_for_table>
	<table selection="included">
		<name>test1</name>
	 <staging_database_for_table><name>staging4</name></staging_database_for_table>
	</table>
</database>