イベント テーブルの変更 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-07-16
dita:mapPath
ja-JP/fcu1619423186706.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/fcu1619423186706.ditaval
dita:id
B035-4101
Product Category
Analytical Ecosystem
既存のイベント テーブルに対するTeradataのユーザー名とパスワードは、次のテーブルに示すパラメータを使用して変更できます。
パラメータ 説明
event_table_name event1 イベント テーブルのインストールを固有に識別する名前。
change_user_name true ユーザー名を変更するかどうかを指定します。
user_name dmuser1 イベント テーブルにアクセスするためのData Moverの既存のTeradataユーザー名。このユーザーには、TMSMEventテーブルのINSERT権限が必要です。
change_user_password true ユーザー パスワードを変更するかどうかを指定します。
user_password dmuser1pass user_nameのTeradataユーザー パスワード。
  1. 上のテーブルに示すパラメータを使用して、modify_event_tableコマンドを入力します。
    datamove modify_event_table -event_table_name event1 -change_user_name true -user_name dmuser2 -change_user_password true -user_password $131F