17.05 - 集約UDF - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL演算子およびユーザー定義関数

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
管理
Publication ID
B035-1210-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

リレーショナル データのいくつかのグループを取り、各グループごとに処理を実行し、グループごとに1つずつ結果を返します。

ANSI準拠

この文はANSI SQL:2011に準拠していますが、非ANSI Teradata拡張機能を含みます。

引数リストが空でも括弧が必要であるのは、既存のアプリケーションとの互換性を保つためのTeradata拡張です。

RETURNS data_typeまたはRETURNS STYLE句は、ANSI SQL規格のTeradata拡張機能です。

必要な権限

関数または関数が含まれているデータベースに対するEXECUTE FUNCTION権限が必要です。

UDT引数を取るUDF、またはUDTを返す集約UDFを呼び出すには、SYSUDTLIBデータベースまたは指定したUDTに対するUDTUSAGE権限が必要です。

構文

udf_name ( [ argument [,...] ] )

TD_ANYTYPEデータ型のパラメータを使用して定義されたUDF

( udf_name
  { () RETURNS { data_type | STYLE column_expr } |

    ( argument [,...] )
      [ RETURNS { data_type | STYLE column_expr } ]
  }
)

構文要素

udf_name
集約UDFの名前。
argument
有効なSQL式。集約UDF引数に適用されるルールについては、使用上の注意を参照してください。
data_type
TD_ANYTYPE結果パラメータの必要な戻り型。
column_expr
TD_ANYTYPE結果パラメータの戻り型を決定するテーブルまたはビューの列参照。