17.05 - Map関数、マクロ、およびプロシージャ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL演算子およびユーザー定義関数

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
管理
Publication ID
B035-1210-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

マップを使用すると、構成でAMPを追加または変更するときのダウンタイムを短縮したり、小さなテーブルを使用するときのパフォーマンスを向上させることができます。

連続マップまたはスパース マップを使用すると、現在の構成に残っているテーブル、および新しい構成のマップに移動するテーブルを定義できます。また、同時にすべてではなく、一定期間にわたって新しいマップのテーブルを再配置することもできます。

連続およびスパース マップは、AMPの部分集合でテーブル演算子を実行するためにも使用されます。SYSLIBデータベースには関数が含まれており、TDMapsデータベースには、連続マップおよびスパース マップに関する情報を提供するプロシージャが含まれています。