17.05 - CreateFsysInfoTable/CreateFsysInfoTable_ANSI - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL演算子およびユーザー定義関数

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
管理
Publication ID
B035-1210-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

PopulateFsysInfoTableマクロによって生成されたファイル システム情報を保持するためのデータベース テーブルを作成します。

ANSIセッション モードを使用する場合は、マクロの_ANSI形式を使用します。

PopulateFsysInfoTableまたはPopulateFsysInfoTable_ANSIマクロは、データベースとテーブル名に文字列が入力されていない状態で呼び出すことができ、出力を画面リダイレクトします。

必要な権限

このマクロを実行するには、上記の権限だけでなく、CreateFsysInfoTableマクロ、またはこのマクロを含むデータベースに対しEXECUTE権限がなければなりません。

マクロ名と引数は大文字と小文字を区別します。

構文

[DBC.] { CreateFsysInfoTable | CreateFsysInfoTable_ANSI } (
  'target_database_name',
  'target_table_name',
  'target_table_type',
  'fallback',
  { 'SHOWBLOCKS' | 'SHOWWHERE' | 'SHOWCOMPRESS' },
  'display_option',
  'mapname'
)

構文要素

target_database_name
テーブルが作成されるデータベース。
ターゲット データベースでテーブルを作成するための適切な権限を所有している必要があります。
target_table_name
ファイル システム情報を保持するために作成されるテーブルの名前。
ターゲット データベースでテーブルを作成するための適切な権限を所有している必要があります。
target_table_type
テーブルが永久テーブル、グローバル一時テーブル、または揮発テーブルかどうかを指定します。
有効な値:
  • PERM
  • GLOBALTEMP
  • VOLATILE
is_fallback
データベースがテーブルのフォールバック コピーを維持するかどうかを指定します。
有効な値:
  • Y (Yes: テーブルにフォールバックがある)
  • N (No: テーブルにフォールバックがない)
SHOWBLOCKS
SHOWCOMPRESS
SHOWWHERE
この出力が同じように表示されるFerret SHOWコマンド。
表示されたSHOW*コマンドには、MapName列が含まれています。MapName列はリストされたSHOW*コマンド表示にリストされ、通常はデフォルトのTeradataマップ名が渡されます。
display_option
テーブルに格納可能なファイル システム詳細のレベル。
有効な値:
  • Sは、最小量のファイル システム情報を提供します
  • Mは、中量のファイル システム情報を提供します
  • Lは、最大量のファイル システム情報を提供します
表示される特定の情報については、PopulateFsysInfoTable/PopulateFsysInfoTable_ANSIを参照してください。

CreateFsysInfoTableに選択される表示オプションは、PopulateFsysInfoTableマクロの対応する実行に使用される表示オプションに一致している必要があります。

出力が画面にダイレクトされた場合(例えば、データベースおよびテーブル名に空の文字列を指定)、PopulateFsysInfoTableまたはPopulateFsysInfoTable_ANSIマクロの呼び出しを使用したテーブルの作成は不要です。あらゆる表示オプションの指定が可能です。

mapname
指定されたマップでテーブル作成をサポートします。ターゲット テーブル作成にマップ名を選択しない場合は、このパラメータに空の文字列(' ')を指定できます。この場合、テーブルはデフォルトのマップに作成されます。