17.10 - 外部オブジェクト ストアの認証 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Native Object Store 入門ガイド

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1214-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

外部オブジェクト ストアは、Advanced SQL Engineにアクセスを許可するように構成されている必要があります。

外部ストレージを構成するときは、各自の外部オブジェクト ストアに信頼証明を設定します。これらの信頼証明は、SQL文でAdvanced SQL Engineによって使用されます。サポートされる信頼証明は、次のテーブルに示される値に対応します。これらの信頼証明は、CREATE AUTHORIZATIONコマンドによってUSERとPASSWORDに使用され、READ_NOSとWRITE_NOSによってACCESS_IDとACCESS_KEYに使用されます。

システム/スキーマ USER PASSWORD
AWS アクセス キーID シークレット アクセス キー
Azure/共有キー ストレージ アカウント名 ストレージ アカウント キー
Azure共有アクセス署名(SAS) ストレージ アカウント名 アカウントSASトークン
Google Cloud(S3相互運用モード) アクセス キーID シークレット アクセス キー
Google Cloud(ネイティブ) クライアントの電子メール 秘密鍵
オンプレミス オブジェクト ストア アクセス キーID シークレット アクセス キー
パブリック アクセス オブジェクト ストア <空の文字列>

空の文字列を左右の区別がない一重引用符で囲む: USER ''

<空の文字列>

空の文字列を左右の区別がない一重引用符で囲む: PASSWORD ''

サポートされる信頼証明の例については、例の変数置換を参照してください。