17.10 - 例の変数置換 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Native Object Store 入門ガイド

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1214-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

例の変数は、外部オブジェクト ストアにアクセスできる値に置き換える必要があります。

authorization_object

authorization_objectを許可オブジェクトの名前に置き換えます。許可オブジェクトには、オブジェクト命名ルールに準拠する任意の名前を使用できます。<Teradata Vantage™ - SQLの基本、B035-1141>を参照してください。

構文は、CREATE AUTHORIZATION authorization_objectです。

例: CREATE AUTHORIZATION MyAuthObj

foreign_table_name

foreign_table_nameを、オブジェクトの命名ルールに準拠する外部テーブルの名前に置き換えます。<Teradata Vantage™ - SQLの基本、B035-1141>を参照してください。

YOUR-OBJECT-STORE-URI

次の表に、USGSの河川流量サンプル データに対してTeradataが提供するパブリック バケットおよびパブリック コンテナへのパスを示します。例のYOUR-OBJECT-STORE-URIを置き換えて、パブリック バケットとパブリック コンテナからデータを読み取ります。

プラットフォーム パブリックな格納場所
Amazon S3
  • CSV:/s3/td-usgs-public.s3.amazonaws.com/CSVDATA/
  • JSON:/s3/td-usgs-public.s3.amazonaws.com/JSONDATA/
  • Parquet:/s3/td-usgs-public.s3.amazonaws.com/PARQUETDATA/
Azure BLOBストレージ
  • CSV:/az/akiaxox5jikeotfww4ul.blob.core.windows.net/td-usgs/CSVDATA/
  • JSON:/az/akiaxox5jikeotfww4ul.blob.core.windows.net/td-usgs/JSONDATA/
  • Parquet:/az/akiaxox5jikeotfww4ul.blob.core.windows.net/td-usgs/PARQUETDATA/
Google Cloud Storage
  • CSV:/gs/storage.googleapis.com/td-usgs/CSVDATA/
  • JSON:/az/akiaxox5jikeotfww4ul.blob.core.windows.net/td-usgs/JSONDATA/
  • Parquet:/gs/storage.googleapis.com/td-usgs/PARQUETDATA/

USGSの河川流量データを独自の外部オブジェクト ストアにダウンロードした場合(河川流量データのオブジェクト ストア設定を参照)、YOUR-STORAGE-ACCOUNTをデータへのパスに置き換えます。これは、次のような形式の一意のパスです。

オブジェクト ストア 外部ストレージ格納場所の値
Amazon S3
このマニュアルの例では、バケット名に"td-usgs"を使用しています。バケット名は一意である必要があります。
CSV:/s3/YOUR-BUCKET.s3.amazonaws.com/CSVDATA/

例: /s3/td-usgs.s3.amazonaws.com/CSVDATA/

JSON:/S3/YOUR-BUCKET.s3.amazonaws.com/JSONDATA/

例: /s3/td-usgs.s3.amazonaws.com/JSONDATA/

Parquet: /S3/YOUR-BUCKET.s3.amazonaws.com/PARQUETDATA/

例: /s3/td-usgs.s3.amazonaws.com/PARQUETDATA/

Azureストレージ
YOUR-STORAGE-ACCOUNTをアカウントの値に置き換えます。
CSV:/az/YOUR-STORAGE-ACCOUNT.blob.core.windows.net/td-usgs/CSVDATA/

例: /az/akiaxox5jikeotfww4ul.blob.core.windows.net/td-usgs/CSVDATA/

JSON:/az/YOUR-STORAGE-ACCOUNT.blob.core.windows.net/td-usgs/JSONDATA/

例: /az/akiaxox5jikeotfww4ul.blob.core.windows.net/td-usgs/JSONDATA/

Parquet:
/az/YOUR-STORAGE-ACCOUNT.blob.core.windows.net/td-usgs/PARQUETDATA/

例: /az/akiaxox5jikeotfww4ul.blob.core.windows.net/td-usgs/PARQUETDATA/

Google Cloud Storage CSV:/gs/storage.googleapis.com/YOUR-BUCKET/CSVDATA

例: /gs/storage.googleapis.com/td-usgs/CSVDATA

JSON:/gs/storage.googleapis.com/YOUR-BUCKET/JSONDATA

例: /gs/storage.googleapis.com/td-usgs/JSONDATA

Parquet:/gs/storage.googleapis.com/YOUR-BUCKET/PARQUETDATA

例: /gs/storage.googleapis.com/td-usgs/PARQUETDATA

Teradataでは、格納場所を次のように開始する必要があります。
  • Amazon S3バケットの場所は、/S3または/s3で始まる必要があります。
  • Google Cloud Storageバケットの場所は、/GSまたは/gsで始まる必要があります。
  • Azure BLOBストレージの場所(Blob相互運用モードのAzure Data Lake Storage Gen2を含む)は、/AZまたは/azで始まる必要があります。

YOUR-ACCESS-KEY-IDYOUR-SECRET-ACCESS-KEY

外部オブジェクト ストアは、Advanced SQL Engineにアクセスを許可するように構成されている必要があります。

USERキーワードおよびPASSWORDキーワード(CREATE AUTHORIZATIONコマンドで使用)およびACCESS_IDおよびACCESS_KEY (READ_NOSおよびWRITE_NOSで使用)は、次の表に示す値に対応しています。

キーワード アクセス変数値
USERまたはACCESS_ID YOUR-ACCESS-KEY-IDを外部ストレージへのアクセスIDに置き換える。
PASSWORDまたはACCESS_KEY YOUR-SECRET-ACCESS-KEYを外部ストレージのシークレット キー値に置き換える。

外部オブジェクト ストア内のパブリック バケットまたはコンテナは、アクセスに信頼証明を必要としません。パブリック バケットまたはコンテナにアクセスするには、USERとPASSWORDに空白文字列を左右の区別がない引用符で囲んで指定します。