17.10 - 外部テーブルを使用した所定の位置にある外部データのサンプリング - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Native Object Store 入門ガイド

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1214-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

外部テーブルを使用して、外部オブジェクト ストアから所定の位置にあるJSONデータのランダムな行をプレビューします。

例では、サンプルの河川流量データ セットを使用します。独自のデータを使用するには、テーブル名、列名、および許可オブジェクトを置き換えます。サンプル データ セットの信頼証明および格納場所の値については、例の変数置換を参照してください。

  1. NOS関連コマンドを実行するには、必要な権限を持つユーザーとしてデータベースにログオンします。
  2. 存在しない場合は、riverflow_jsonという名前の外部テーブルを作成するか、データベース管理者に作成を依頼します。JSONの例を実行するための設定を参照してください。
  3. 外部テーブルに対して次のコマンドを実行します。
    SELECT TOP 2 payload.* FROM riverflow_json;

    結果は、外部オブジェクト ストアの場所を反映して、次のようになります。

    Payload.*
    ----------------------------------------------------------
    ["09400815","2018-07-12 00:00","0.00","-0.01","0.00",""]
    ["09396100","2018-07-16 00:00","44.7","1.50","0.00","1.50"]