17.10 - NOS使用のベスト プラクティス - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Native Object Store 入門ガイド

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1214-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
  • READ_NOSを使用して、ヘッダーが存在するかどうかを確認できます。
  • Advanced SQL Engineで処理されるデータの量を減らすには、外部テーブル定義のUSING句に、より具体的なLOCATION文字列を指定するか、SQL文でPATHPATTERN変数を使用します。
  • パス フィルタが一貫して適用されるように、Teradataはデータベース管理者が外部テーブルのビューで(列のデータ型の適切なキャストを使用して)パス フィルタリングをキャプチャし、エンド ユーザーがビューを使用できるようにすることをお勧めします。
  • JSONファイルを含むGROUP BY句またはORDER BY句を使用するSQL文のパフォーマンスを向上させるには、値をデフォルトのVARCHARデータ型からより狭い範囲のデータ型にキャストします。
  • リレーショナル テーブルまたは別の外部テーブルに外部テーブルを結合する場合は、結合制約として使用されるペイロード属性に関する統計を収集します。
  • スプール テーブルを生成する場合、値をより狭い範囲のデータ型にキャストすると、スプールのサイズが小さくなります。