17.10 - 例: WRITE_NOSとAUTHORIZATIONの使用 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Native Object Store 入門ガイド

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1214-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例では、AUTHORIZATIONキーワードを許可オブジェクトとともに使用して、外部オブジェクト ストアに信頼証明を提供します。

    前提条件

  1. まだ実行されていない場合は、データを抽出するデータベース テーブルを設定します。既存のテーブルのいずれかを使用するか、テスト テーブルを設定して例で使用できます。テスト テーブルの設定を参照してください。
  2. データを書き込む外部オブジェクト ストアへのアクセスを設定または取得します。外部ストレージ ベンダーの指示に従います。
  3. まだ行っていない場合は、管理ユーザーに許可オブジェクトを作成してもらいます。<WRITE_NOSの例に対する許可の設定>を参照してください。
  4. AUTHORIZATIONキーワードの使用

  5. WRITE_NOSでAUTHORIZATIONキーワードを使用します。
    SELECT * FROM WRITE_NOS (
    ON ( SELECT * FROM RiverFlowPerm WHERE DateTime = '2018-06-27 00:00' )
    USING
    LOCATION('/S3/s3.amazonaws.com/iewritenostest/RiverFlowPerm2/')
    AUTHORIZATION(MyAuthObj_Write)
    STOREDAS('PARQUET')
    ) AS d;

    LOCATIONを、データを書き込む外部オブジェクト ストアのURIに置き換えます。

    結果は次のようになります。

    NodeId AmpId Sequence ObjectName
    ------ ----- -------- ------------------------------------------------------------------------
        33     0        1 /S3/s3.amazonaws.com/ie-writenos-bucket/20180701_auth_example/object_33_0_1.parquet
        33     1        1 /S3/s3.amazonaws.com/ie-writenos-bucket/20180701_auth_example/object_33_1_1.parquet
        33     2        1 /S3/s3.amazonaws.com/ie-writenos-bucket/20180701_auth_example/object_33_2_1.parquet