17.10 - ビュー内の列としてのパス変数の使用 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Native Object Store 入門ガイド

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1214-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

ビューを作成すると、パス式($path.$sitenoなど)がビューの列になり、基になるテーブルに複雑なパス式が含まれていることを認識することなく、ビューのユーザーがそれらの列にWHERE句を指定できるようになります。

ビュー内の列に付ける名前では、大文字と小文字が区別されません。この例では、大文字と小文字が混在していますが、必要な大文字と小文字の任意の組み合わせを使用してSQLクエリーで参照できます。

例では、サンプルの河川流量データ セットを使用します。独自のデータを使用するには、テーブル名、列名、および許可オブジェクトを置き換えます。サンプル データ セットの信頼証明および格納場所の値については、例の変数置換を参照してください。

  1. NOS関連コマンドを実行するには、必要な権限を持つユーザーとしてデータベースにログオンします。
  2. 存在しない場合は、riverflow_json_pathという名前の外部テーブルを作成するか、データベース管理者に作成を依頼します。外部テーブルのペイロード列でのフィルタリングを参照してください。
  3. riverflow_jsonという名前の外部テーブルのビューを作成します。
    REPLACE VIEW riverflowview_json AS (
    SELECT
    CAST($path.$siteno AS CHAR(10)) TheSite,
    CAST($path.$year AS CHAR(4)) TheYear,
    CAST($path.$month AS CHAR(2)) TheMonth,
    CAST(SUBSTR($path.$day, 1, 2) AS CHAR(2)) TheDay,
    payload.site_no site_no,
    payload.datetime datetime,
    payload.Flow Flow,
    payload.GageHeight GageHieght,
    payload.Precipitation Precipitation,
    payload.GageHeight2 GageHeight2
    FROM riverflow_json_path);