17.10 - 例を実行するための設定 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Native Object Store 入門ガイド

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1214-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

テスト ユーザーと権限の設定

管理ユーザーとして、テスト ユーザーを設定し、以下の例を実行するために必要な権限をユーザーに付与します。

CREATE USER nos_usr FROM dbc AS PERMANENT=30e8 PASSWORD=user_password;

GRANT CREATE TABLE on nos_usr to nos_usr;
GRANT EXECUTE FUNCTION on TD_SYSFNLIB.READ_NOS to nos_usr;
GRANT CREATE AUTHORIZATION on nos_usr to nos_usr;
GRANT CREATE DATASET SCHEMA ON SYSUDTLIB TO nos_usr;
GRANT CREATE FUNCTION ON nos_usr to nos_usr;

user_passwordをNOSユーザーのパスワードで置き換えます。

<テスト ユーザーの設定>および<アクセス権限の設定>を参照してください。

許可オブジェクトと関数マッピングの設定

  1. 必要な権限を持つユーザーとしてログオンします。例えば、作成したユーザーnos_usrとしてログインします。
  2. 外部オブジェクト ストレージへの信頼証明を使用して許可オブジェクトを作成します。
    CREATE AUTHORIZATION MyAuthObj
    USER ''
    PASSWORD '';
    Teradataが提供するパブリック バケットにアクセスするには、USERとPASSWORD用に、空の文字列を左右の区別がない一重引用符で囲みます。
  3. 関数マッピングで使用する許可オブジェクトを設定します。さらに、関数マッピングを作成します。
    CREATE AUTHORIZATION DefAuth
    AS DEFINER TRUSTED
    USER ''
    PASSWORD '';
    
    CREATE FUNCTION MAPPING READ_NOS_FM
    FOR READ_NOS EXTERNAL SECURITY DEFINER TRUSTED DefAuth
    USING
    BUFFERSIZE,
    SAMPLE_PERC,
    ROWFORMAT,
    RETURNTYPE,
    HEADER,
    MANIFEST,
    LOCATION,
    STOREDAS,
    FULLSCAN,
    ANY IN TABLE;

詳細は、AUTHORIZATIONオブジェクトによる外部テーブル アクセスの制御関数マッピングを使用したREAD_NOSアクセスの制御を参照してください。