17.10 - 例: パブリック バケットとパブリック コンテナの使用 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Native Object Store 入門ガイド

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1214-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

パブリック バケットとパブリック コンテナは、アクセスに信頼証明を必要としません。Teradataはパブリック バケットとパブリック コンテナへのアクセスを提供しており、河川流量のサンプルを実行することができ、データ用にオブジェクト ストアを設定する必要はありません。

次の例では、CSV、JSON、およびParquetデータを読み取る場合と同じ例を使用します。ただし、これらの例はTeradataのパブリック外部オブジェクト ストアにアクセスするため、場所と信頼証明の変数を置き換えることなく、例を実行できます。コードをコピーしてTD StudioやBTEQなどのクライアントに貼り付けて実行するだけです。

  1. ユーザー、権限、許可オブジェクト、および関数マッピングを設定するには、次のステップを実行します。例を実行するための設定
  2. 目的のデータ形式の例を実行します。

例では、サンプルの河川流量データ セットを使用しています。USGS表流水データ セットは、米国地質調査所が提供しています。