17.10 - アクセス権限の設定 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Native Object Store 入門ガイド

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1214-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

Advanced SQL Engine内のデータにアクセスするには、ユーザーは特定の権限を持っている必要があります。

  1. 管理ユーザーとしてログインし、ユーザーが実行している操作に応じて権限を割り当てます。
    権限 説明 コマンド
    CREATE TABLE ユーザーがデータベースにテーブルと外部テーブルを作成することを許可する GRANT CREATE TABLE on user to user;
    EXECUTE FUNCTION on READ_NOS READ_NOSへのアクセスを提供する GRANT EXECUTE FUNCTION on TD_SYSFNLIB.READ_NOS to user;
    EXECUTE FUNCTION on WRITE_NOS WRITE_NOSへのアクセスを提供する GRANT EXECUTE FUNCTION on TD_SYSFNLIB.WRITE_NOS to user;
    CREATE AUTHORIZATION データベース ユーザーとオペレーティング システム ユーザーの間に関連付けを行なうための許可オブジェクトの作成をユーザーに許可する。

    <AUTHORIZATIONオブジェクトによる外部テーブル アクセスの制御>を参照してください。

    GRANT CREATE AUTHORIZATION on user to user;
    CREATE DATASET ユーザー定義のスキーマを必要とするCSV外部テーブルのCSVスキーマの作成をユーザーに許可する。 GRANT CREATE DATASET SCHEMA ON SYSUDTLIB TO user;
    CREATE FUNCTION 信頼証明を非表示にする関数マッピングを作成することをユーザーに許可する。

    GRANT CREATE FUNCTION ON user to user;

    例えば、ユーザーが必要とする付与を発行します。これは、以下のようなコマンドの部分集合である場合があります。

    GRANT CREATE TABLE on nos_usr to nos_usr;
    GRANT EXECUTE FUNCTION on TD_SYSFNLIB.READ_NOS to nos_usr;
    GRANT EXECUTE FUNCTION on TD_SYSFNLIB.WRITE_NOS to nos_usr;
    GRANT CREATE AUTHORIZATION on nos_usr to nos_usr;
    GRANT CREATE DATASET SCHEMA ON SYSUDTLIB TO nos_usr;
    GRANT CREATE FUNCTION ON nos_usr to nos_usr;