17.10 - データ セットのパスにおけるキーを使用したパス フィルタリング - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Native Object Store 入門ガイド

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1214-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

キー(またはパス)フィルタリングによって、結果を得られるように転送される外部オブジェクトの数が減ります。これにより、外部オブジェクトの保存時間で実行されるI/Oが削減され、SQL Engineの作業が少なくなります。

例と結果は、河川流量のサンプル データ セットを示しています。独自のデータを使用するには、テーブル名、列名、および許可オブジェクトを置き換えます。

  1. NOS関連コマンドを実行するには、必要な権限を持つユーザーとしてデータベースにログオンします。
  2. site_noでフィルタ処理するLOCATIONを指定する外部テーブルを作成するか、データベース管理者に作成を依頼します。AUTHORIZATIONオブジェクトによる外部テーブル アクセスの制御で作成した許可オブジェクトを使用します。
    SELECT TOP 2 GageHeight, Flow
    FROM riverflow_csv_pathfilter
    WHERE $path.$siteno = site_no;

    ここでsite_noはサイト番号の値です(09380000など)。

    結果は次のようになります。

    GageHeight    Flow
    ----------  ------
         10.16   17200
         10.25   17700