READ_NOSを使用した所定の位置にある外部データのサンプリング - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Native Object Store 入門ガイド

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/gmv1596851589343.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/wrg1590696035526.ditaval
dita:id
B035-1214
Product Category
Software
Teradata Vantage

READ_NOSテーブル演算子を使用して、外部オブジェクト ストアの内容をプレビューします。この例では、ペイロード列にデータが含まれています。

例と結果は、河川流量のサンプル データ セットを示しています。独自のデータを使用するには、テーブル名、列名、および許可オブジェクトを置き換えます。

  1. NOS関連コマンドを実行するには、必要な権限を持つユーザーとしてデータベースにログオンします。
  2. 列名のないサンプル行を表示するには、次のようにします。
    SELECT TOP 2 *
    FROM riverflow_csv;

    サンプルの河川流量データ セットの信頼証明と場所の値については、例の変数置換を参照してください。

    結果は次のようになります。

         Location /S3/s3.amazonaws.com/td-usgs-public/CSVDATA/09429070/2018/07/
      GageHeight2     ?
             Flow     ?
          site_no     9429070
         datetime 2018-07-02 14:35
    Precipitation  1.16
       GageHeight     ?
    
         Location /S3/s3.amazonaws.com/td-usgs-public/CSVDATA/09400815/2018/07/
      GageHeight2     ?
             Flow   .00
          site_no     9400815
         datetime 2018-07-10 00:00
    Precipitation   .00
       GageHeight  -.01

    読みやすいように、出力は縦に表示されます。